最後の料理人

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader

最後の料理人

  • 著者名:徳岡孝二【著者】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 飛鳥新社(2019/03発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「日本的教養の集大成。それが和食です」

白洲次郎、松下幸之助、吉田茂、池田勇人、北大路魯山人...
日本の怪傑たちもうならせた「和」の神髄。

料理一筋65年!
普段は決してしゃべらない達人が、
平成の終わりに、初めての本で秘話を明かす。

万事に共通する「和食のカリスマ」の哲学
・一歩前進、半歩後退
・師匠はお客様
・手取り足取り教えてもらった技は身につかない
・器は料理の衣装
・おもてなしの神髄

京都の美味しいもの、美味しい食べ方
・春はたけのこ
・いい材料を手に入れる方法
・夏の京都といえばハモ
・キウイフルーツを日本で初めて出した理由

昭和・平成を彩った著名人たちの知られざる素顔とは?
・白洲次郎さんと親子丼
・松下幸之助さんの「凄さ」
・首相候補3人が鉢合わせした夜