文春新書<br> なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議

個数:1
紙書籍版価格 ¥950
  • Kinoppy
  • Reader

文春新書
なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議

  • 著者名:半藤一利【編・解説】
  • 価格 ¥950(本体¥880)
  • 文藝春秋(2019/02発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

陸軍将校による幻の座談会が蘇る。和平か開戦か。太平洋戦争開戦直前に陸軍は何を考えていたのか。中堅将校たちが明かした本音とは。雑誌『偕行』に掲載された「大東亜戦争の開戦の経緯」が初の書籍化。なぜ無謀といわれるアメリカとの戦争に突入したのか、陸軍中枢にいたエリートが真実を語り尽くす。昭和史の第一人者、半藤一利氏による書き下ろし解説付き。

【戦争の導火線に火をつけたのは陸軍か海軍か? 本書で議論される7つのテーマ】
●ヒトラーと手を組みたがったのは誰か
●陸海軍の戦略観の違い
●想像を超えたアメリカの厳しい経済制裁
●日本の国力のピークは昭和13年だった
●陸軍より強硬だった海軍の将校たち
●東条首相誕生の意味
●アメリカとの戦争をどう終わらせようと考えていたか