岩手の怖い話―坊やがいざなう死出の旅―

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,296
  • Kinoppy
  • Reader

岩手の怖い話―坊やがいざなう死出の旅―


ファイル: /

内容説明

藤橋にたたずむ母子の霊、黒森山で聞こえる謎の声、三角点展望台に現る魔物……。二人の怪異収集家が、岩手の恐怖を赤裸々に記す!


【内容紹介】

●立候補(奥州市)
親子の霊を撮影しようと、深夜の心霊スポットにおとずれた男子高校生の耳に聞こえた囁き声。振り向くと、そこには、暗闇の中で一人満面の笑顔を浮かべる坊やがいたのだ!

●手(盛岡市)
工場に転職後、社宅に引っ越した男性。普段は熟睡できる彼が珍しく目を覚ますと、天井から無数の手が生えていた! これは機械のローラーで腕を失ったものの怨念かもしれない。

●海座頭(宮古市)
ある一族が代々遭遇する妖怪・海座頭。一族を付け狙うかのように現れる海座頭は、ついには幼い家族を襲い始めたのだ!