集英社オレンジ文庫<br> うばたまの 墨色江戸画帖

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

集英社オレンジ文庫
うばたまの 墨色江戸画帖

  • ISBN:9784086802284

ファイル: /

内容説明

青井東仙は十一歳のとき貧しさから逃れるように家を出て、江戸で偶然出会った絵師・松山翠月に才能を見出され、弟子となった。しかし、夜具も食事も着物も与えられ満たされた暮らしに次第に創作意欲をなくして破門されてしまう―。才能に溺れ、落ちぶれた絵師が再起をかける、大江戸人情譚! 闇と現が隣り合わせの江戸で、東仙は再び夢を描く…。新・時代小説! 2018年ノベル大賞受賞作。

目次

墨色の猫
古井戸の月
松に蝉
寒椿

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

59
2018年ノベル大賞、大賞受賞作。読メで知って興味を持ちました( ´ ▽ ` )江戸時代、うだつの上がらない絵師と、謎の黒猫と、人情味あふれる登場人物たちの日常譚(若干オカルトあり)。時代考証もしっかりしていて、ライトノベルだけど浅い感じもせず読みやすかったです!花魁言葉、良いわ〜。何かすっごいことが起こるとか大成長を遂げるとかではないけど、しゃばけシリーズのように淡々と続いていきそうな雰囲気のお話。2019/02/02

はるき

29
 オレンジ文庫にまた新しい新星が登場(^^)/若い読者向けなんですが、軽めの時代劇好きなら十分楽しめる秀作でした。主人公はダメだけどほっとけない優男。この描写が凄く上手い!2019/01/29

りんりん

15
江戸時代、足る生活に満足し、絵の心を失い、師匠から破門された絵師の物語。面白かった。願わくば、1話目の世界をずっとキープしてほしかったかな。時代小説としては、文体が軽めだけど、う~ん、このレーベルではないような。普通の集英社文庫で良かったのでは。2019/01/09

やんやん

12
才能に溺れ 意欲もなくした絵師だった東仙。ある芸者に出会い 絵師としてもう一度起つことに。 表紙も好きで 絵師と猫の取り合わせも好きで読んでみました。…続いてほしい。続きも読みたい。2019/03/31

ううち

10
表紙の猫ちゃんが可愛いかったので購入。初読み作家さん。 人生にも冷めてしまった絵師が、ある事件の真相を探るために走り回るちに少しずつ復活していくというお話で、感情などは割とあっさり目ですが人物像も情景もわかりやくすく読みやすい。長屋でのお絵描き対決が楽しかった。2019/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13337407

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。