集英社文庫<br> 十津川警部 雪とタンチョウと釧網本線(十津川警部シリーズ)

個数:1
紙書籍版価格 ¥550
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
十津川警部 雪とタンチョウと釧網本線(十津川警部シリーズ)

  • 著者名:西村京太郎【著】
  • 価格 ¥506(本体¥460)
  • 集英社(2019/02発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

会社員の小柴は、毎年2月に釧路へ旅行し、行方不明の恋人ゆみを探している。今年も『SL冬の湿原号』に乗り、乗客を丹念に撮影。レンタカーに戻ると見知らぬ女の死体があり、容疑がかかる。7年前ゆみの失踪時も疑われた過去があった。小柴と同級生の十津川警部は、彼の写真を手がかりに捜査を始め、3Dカメラ開発が絡んでいると……。人気のSLが走る釧網本線を舞台に描く長編旅情ミステリー。

目次

第一章 釧路湿原
第二章 身代金一千万円
第三章 釧網本線
第四章 レントゲンの影
第五章 事件の予感
第六章 幻のタンチョウ
第七章 雪の日のタンチョウ