幻冬舎新書<br> ラストエンペラーの私生活

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,058
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

幻冬舎新書
ラストエンペラーの私生活

  • 著者名:加藤康男【著】
  • 価格 ¥1,005(本体¥931)
  • 特価 ¥803(本体¥744)
  • 幻冬舎(2019/01発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

二歳九ヵ月で第一二代清朝皇帝の座に就いた溥儀は、幼少期から女官に性行為を教え込まれ、一〇代半ばで宦官との同性愛に目覚めた。六歳で退位を迫られたのち、一八歳の時にはクーデターで紫禁城を追われる。日本租界などを放浪し、二八歳で再び満洲国皇帝の座に就く。終戦後はソ連軍に逮捕され、東京裁判に検察側証人として出廷。トリかごに入ったらトリになれ、イヌ小屋に入ったらイヌになれ――中国の諺のまま、数奇な運命に身を委ねながら、自らの欲に忠実に生きた「幻の王国」の廃帝は、周囲を不幸の渦に巻き込み、六一歳で病没する。迫真の人物ノンフィクション。