幻冬舎単行本<br> 怖いへんないきものの絵

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎単行本
怖いへんないきものの絵

  • ISBN:9784344034037

ファイル: /

内容説明

2大ベストセラー 『怖い絵』と『へんないきもの』が、まさかの合体。
アルチンボルドの魚、ルーベンスのオオカミ、クラナッハのミツバチ、ペルッツィのカニ……
不気味で可笑しい名画の謎に迫る!

●オオカミが悪い男というのは真っ赤な !?――『赤ずきんちゃん』ドレ
●友を助けて星になった、ある気の毒な蟹――『ヘラクレスとルレネーのヒドラと蟹』ペルッツィ
●鮫に襲われた男はなぜその再現を描かせたか?――『ワトソンと鮫』コプリー
●聖なる宗教画にハエを描き込む意図とは?――『聖母子』クリヴェッリ
●「写実的」と評判の魚介類が、どうもおかしい――『水』アルチンボルド
●なぜ西洋名画のサルは怖いのか――『美術鑑定家としての猿たち』マックス

―『人間の堕落』グース―
早川「中野先生、このヘビは何ですか? 手足がありますよ! これはさすがに変でしょう! 」
中野「旧約聖書では、アダムとイヴに禁断の果実を食べさせたヘビが、神の怒りに触れて手足を奪われた、とあります。この絵は、果実を口にする前なので、まだ手足はあっていいわけです」
早川「なるほど。しかしこいつの手足がなくなったら、さらにもっと気色の悪い生物になりそうです。わ、想像しただけで背中に湿疹が! 」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

195
こうして本にならなければ、どちらもふ~んと見過ごしていたな多分。見方ひとつ、受け取り方ひとつで、こんなにも楽しくなるんだ。「木を見て森を見ず」って言ったのは誰だ?これは「木を見て森も見る」感じ。これはもうレビューなど不要かと・・『不気味で可笑しい名画の謎に迫る』の帯はまんまでした。まだまだたくさん不気味で可笑しい絵画があるに違いない。2019/02/05

徒花

127
まあまあ。「怖い絵」シリーズでおなじみの中野京子さんと、ベストセラー『へんないきもの』の早川いくをさんの共著。へんないきものが描かれている西洋絵画を中野さんにセレクトしてもらい、早川さんがツッコミを入れながら中野さんとかけあいをしていく内容。ぶっちゃけ、へんないきものはでてくるけど、じゃあそれが「怖い」かというとそうでもないので、タイトルにはちょっとズレすぎ。ただ、ユーモアあふれる2人のかけあいは楽しいし、西洋絵画×生物知識という切り口は発想としておもしろい。あんまり知らない絵ばかりだったのもよかった。2021/07/21

ハイランド

123
題名から判る通り「怖い絵」と「へんないきもの」の二大人気シリーズのコラボ企画。中野節を期待する向きには物足りないかも。早川氏主導で話が進み、中野氏が彼の質問に答えるというスタイルだから。とはいえ話がかみ合っているのかいないのか、おしゃれな漫才を聞いているような感じ。アルチンボルト以外は初見の絵ばかりで楽しめたし、はじけるヴィーナス、カニに指を挟まれる間抜けなおっさん、失礼少年、やたらリアルなコモリガエルと何とも間抜けな絵が多く、これはこれで楽しめた。なんだか「怖い絵」コラボ企画が増えそうでちょっと楽しみ。2019/06/09

トリオネア

122
この中では『美術鑑定家としての猿たち』が一番好き。猿嫌いだけど。人は猿によく似ている。ヨーロッパでは猿は罪悪の象徴だったそう。10年前のバンクシーの風刺画、チンパンジーの議会が高値で落札され話題になっていた。イギリス議会を描いたものらしいが、日本もまったく同じような物だし、それを見て支持する者、反対する者、無関心な者も同じ猿山の猿なのだろう。同族嫌悪。2019/10/07

kinkin

103
変わった絵があるものだ。全裸でサメに襲われている絵、魚に説教する聖アントニウス、赤ずきん、カニに指を挟まれる少年、大海蛇の巣穴他。へんないきものの著者早川いくを氏と中野京子氏の対談形式で解説されていたがこの解説はあんまり好きではなかった。ただ単に絵を楽しみたい。洋画でなくても日本の浮世絵も堂々と変な絵がある。妖怪を描いたりタコと女性、春画わたしは日本の浮世絵のほうがずっと好きだなあ。図書館本2020/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13327521

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。