文春新書<br> 天才 勝新太郎

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,034
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
天才 勝新太郎

  • 著者名:春日太一【著】
  • 価格 ¥1,018(本体¥926)
  • 文藝春秋(2018/12発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 270pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166607358

ファイル: /

内容説明

武勇伝に隠された天才ゆえの孤独

破天荒な伝説で語り継がれる天才の素顔は誰よりも繊細でナイーブだった。
貴重な資料で、芸術の神に挑んで散った生涯を炙り出す。

「座頭市」と豪快な勝新伝説で知られる勝新太郎。
本書は映画製作者としての勝とその凄まじい現場を
スタッフの証言を元に再現し、繊細すぎる実像を浮き彫りにする。
純粋さが加速させる狂気のノンフィクション。

【目次】

第一章 神が天井から降りてくる――映像作家・勝新太郎
第二章 負けてたまるか 映画スター・勝新太郎の誕生
第三章 勝プロダクションの設立
第四章 オレは座頭市だ――『新・座頭市』
第五章 神が降りてこない……
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

36
これは面白かった。今や日本の映画スターというのはこの先現れない歴史上の人物である。高倉健と吉永小百合が亡くなれば死滅であろう。勝新は若い時から坂口安吾や有吉佐和子に三味線の腕を愛され、歌舞伎の名人上手の芸を盗む。映画デビューで抱いた市川雷蔵へのコンプレックス。アメリカで見たデビュー前のジェームス・ディーン。幼なじみは宇津井健。座頭市のヒットで行った中国で見たブルース・リー…この前半だけでも山田風太郎明治小説張りである。芸人が芸術家になり、ゴッホ的になる物語だが、愛されていたのが伝わる。お勧め。2014/06/25

姉勤

30
勝新太郎の中の勝新太郎を御す事が出来たら、世界的役者として名を残したかもしれない。そのかわり、彼の魅力に惹かれ、役者や映画屋が残した作品もまた、世に生まれなかったかも。即興の芝居の神に憑かれた彼の演る舞台は、歌舞伎や演劇のほうが向いていたかもしれない。が、より多くの人たち、文字通り万人に観てもらいたくて、映画やテレビを選んだのだろう。それが茨の道だとしても。2014/08/21

金吾

25
役者を極めようとしていた人であることがよく伝わります。純粋でありそれだけにあちこちとぶつかりながら進んでいったのだろうと思いました。父の葬儀における緒形拳とのエピソードのように演技という一点に全てを傾注しているのは凄まじいと感じました。2021/06/17

naoudo

23
勝新太郎の映画に懸ける情熱が伝わった。理想を追求するあまり誰にも理解できないところまでいってしまったのだろう。座頭市になりきろうとするあまり、自分を見失ってしまったというエピソードが凄かった。狂気だ。映画は一人では作れない。自ら脚本を書き監督をしたが故に苦悩したのだろう。勝新太郎の映画を観たいと思う。2013/07/29

0607xxx

22
読み始める前の勝新太郎さんのイメージは座頭市、中村玉緒さんの旦那、パンツにコカインぐらいで出演作も観た事もありませんでした。しかし、読めば読むほど天才勝新太郎に惹かれ、とても楽しめました。理想を追い続け、自身を苦しめ、破滅へと向かっていきながらも役者勝新太郎として生きた姿は、やはり天才だと思う。2014/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/500421

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。