イースト新書<br> 中年男ルネッサンス

個数:1
紙書籍版価格 ¥929
  • Kinoppy
  • Reader

イースト新書
中年男ルネッサンス


ファイル: /

内容説明

とりあえず、生きよう。

「神童」「引きこもり」「一発屋」「一児のパパ」という起伏が激しい人生を歩んできた髭男爵・山田ルイ53世。最近は『一発屋芸人列伝』著者として「ベストセラー作家」の肩書まで加わり、芸能と文筆の二刀流で活躍中である。その山田氏のラジオ番組のヘビーリスナーで、「男性学」の第一人者が田中俊之氏。ともに1975年生まれの〈中年男〉である。
「一発屋」として中年男の生き方を模索する芸人と、社会学・男性学の視点が交差するなか、人間関係のコミュニケーション論、女性との付き合い方、仕事との向き合い方などを切り口に、中年男ルネッサンス(再生・復活)への道のりが見えてくる対談本。

[目次]
1章 〈中年男〉がぶち当たる壁
2章 僕らの歳で友達っている?――人間関係とコミュニケーション論
3章 一発屋になぜオンナがいないのか?――女性とエロ論
4章 僕らどうやって生きていこう?――仕事と働き方論

目次

はじめに 山田ルイ53世
第一章 〈中年男〉がぶち当たる壁
第二章 僕らの歳で友達っている?
第三章 やっぱりオンナって難しい─女性とエロ論
第四章 僕らどうやって生きていこう?─仕事と働き方論
おわりに 田中俊之