危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告

  • ISBN:9784819112765

ファイル: /

内容説明

「翁長の沖縄」は
数十億人を危機に陥れる!
--------------------------
日本人は沖縄への加害者意識を捨てよ!

無法、プロパガンダ、独裁、中国、偏向、被害者意識…閉ざされた沖縄の異常性。
沖縄に住み、商売もしたケントと元海兵隊幹部がアメリカのホンネを激白する。

米軍は沖縄から撤退するわけにはいかない!

序 章 沖縄は被害者意識を、本土は加害者意識を捨てよ!
第一章 沖縄は二紙がつぶれたら正常化する
第二章 そもそも沖縄問題は存在しない
第三章 本当は解決を望んでいない基地問題
第四章 「翁長」「中国」「沖縄」の関係
第五章 「日米同盟を維持」は不愉快
第六章 平和安全法制と「トモダチ作戦」
第七章 アメリカは靖国に口を出すべきでない
第八章 日本の品格は外交の武器になる

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぷれば

36
日本に住んで以来、40年以上にわたり活動を続けてきたケント・ギルバート氏と、2009~15年まで在沖米海兵隊で勤務した経験を持つロバート・D・エルドリッヂ氏が日本語による対談を収録。沖縄の政治、メディア、活動家らの危険な状況や、米国の考え方・対応、中国の思惑、日本の取り組みや脆弱点などを縦横無尽に語り合っている。日米関係や日本が世界で果たすべき役割など、話題は広範囲に及び、非常にわかりやすく、興味深い。2016/05/18

hk

8
日本在住40年にしてようやくWGIPの存在を知ることとなった「米版ネットde真実」のケント。上司の了解を得ずに内部機密映像を外部にリークしたため当然の如く罷免された「ノイジーバカッター」ことロバート。そんな色物キャラ2人による愉快と不快のハイブリッド対談だ。確かに彼らは日本を少しはかじっているかもしれない、しかし彼らは日本人をまるで解ってはいない。ロッキー山脈以西にはおバカなアメリカ人しか住んでいないといったものだが、その法則は遠く日本にまで及ぶようである。アメリカ人が世界で嫌われ続ける理由が本書にある。2016/05/30

takachan

4
1つの考え方ではあるよね。ワシントンの見方というより、特定の米国人の見方であるのは間違いない。マスゴミの偏向報道という意味では今は日本全体が沖縄化していると思う。沖縄の中国化はちゃくちゃくと進んでいるような気がする。沖縄県民が望んでいるなら、それはそれで仕方ないかも。2017/08/06

ココアにんにく

4
「何も読まない者は、新聞しか読まない者より教養が上である」至言です。沖縄の基地の動画を見ていると異様さが伝わってきます。知事は中国には何も言わず、米国だけに抗議。おかしいです。沖縄県警が機能していないのなら、プロスポーツのキャンプなども大丈夫なのでしょうか。英国は不文憲法なのは初めて知りました。ケントさんの本はWGIPなどいろいろ勉強になります。エルドリッヂさんとの米流ジョークを交えた会話。すごく日本の事を考えてくれています。自国のことをもっと知らなければ。2016/12/17

しんたろう

3
日本人でも不思議な沖縄の現状を外国人がもっと不思議に思うのは当然だろう。どう考えても中国の工作に毒されているとしか思えない沖縄のマスコミ界、政界、市民運動を同盟国の国民目線で描いた良著と言えるのではないでしょうか。2016/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10377233

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。