幻に終わった傑作映画たち 映画史を変えたかもしれない作品は、何故完成しなかったの - か?

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,240
  • Kinoppy
  • Reader

幻に終わった傑作映画たち 映画史を変えたかもしれない作品は、何故完成しなかったの - か?


ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

一本の映画が完成するのは、「奇跡」に近い出来事――

スタンリー・キューブリック、アルフレッド・ヒッチコック、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・リンチ、コーエン兄弟、デヴィッド・フィンチャー、オーソン・ウェルズ……

“誰も観ることが出来ない”幻の映画50本――
全作品に“オリジナル・ポスター”収録

* * * * * * * *

■わずか7分半のモンロー×キューカー『女房は生きていた』
■オードリー×ヒッチコックの幻のサスペンス映画『判事に保釈なし』
■桁外れの製作費だとしても、世紀の傑作となったキューブリックの『ナポレオン』
■オーソン・ウェルズの生きた記録であり、絶え間なく変化しつづけた『ドンキホーテ』
■シリーズ史上最大のイカれたジェームズ・ボンド映画になるはずだった『ウォーヘッド』
■これが作られていたら『E.T.』は存在しなかった!? スピルバーグの『ナイトスカイズ』
■デヴィッド・リンチの“電気愛”炸裂の『ロニー・ロケット』は、いつ作られる?
■東京がゴッサム・シティ? イーストウッド主演? アーロノフスキー監督の『バットマン』
■死んだ主人公が“神”になって蘇る!? リドリー・スコットの『グラディエーター2』
■デヴィッド・フィンチャーが描く「超エロ」コミック『ブラックホール』
■スピルバーグが潰したキューブリックのホロコースト映画『アーリアン・ペーパーズ』