それでも原発が必要な理由(わけ)

個数:1
紙書籍版価格
¥1,760
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

それでも原発が必要な理由(わけ)

  • 著者名:櫻井よしこ/奈良林直
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • ワック(2018/11発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 400pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784898314593

ファイル: /

内容説明

世界の潮流は原発推進に明確に向かっています
「自然再生エネルギーの開発にも大いに取り組むべきです。しかし、世界一の水準にある日本の原子力技術を維持、進歩させて、国民を幸せに、アジアの人々を幸せにして、世界の先進国のお手本にならなければならないのです」
──櫻井よしこ

人類のために日本の原子力技術が必要です
「地球温暖化は顕著になり、深刻な被害が発生しているが、日本人は太陽光や風力などの再生可能エネルギーの導入により、全てがうまくいくと信じている。しかし、それでは停電のリスクが増大し、二酸化炭素の排出を増加させるだけだ」
──奈良林 直

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

秋 眉雄

19
〓〓〓〓〓『敢えて読んでみようシリーズその3』何かあれば想定外という言葉をまた使えると思っているんでしょうね。そうでなければ規制委員会の規制が強すぎるなんて、例えば竜巻の規制が強すぎるなんて言葉がサラッと出てくるはずがない。「いや-、こんな所にあんな竜巻が起こるなんてまったくの想定外でした!」。もう間違いなく言いますね。ま、わざわざ読まなくても中身はご想像通り民主党政権・某マスコミ・原子力規制委員会が悪いという事を延々と語り合う対談本です。自民党へはアドバイス的に数行だけという(苦笑)。2018/07/12

tetsu

12
★4 原発の必要性を主張。 福島原発事故が人為的なミスによって引き起こされた、反原発に向けて感情論で合理的判断ができていない、原発の安全性検査が形式にとらわれすぎている、プルサーマルの必要性などなど。 不幸な事故が起きた日本だからこそ世界に向け安全な原発技術を発信できる。 納得できる主張です。2020/01/29

mj

11
第一原発事故後の被災復興施策、事前の危機管理、政府の事故対応、事故調査、原子力行政について、その稚拙さを主に三分の二ほどが内容を占める。温室効果ガス排出量削減、安定したエネルギー供給のため、それでも原発が必要なのだと。そもそも原発の安全性には信頼性があるという。本書によれば、使用済核燃料の処理法も、決して「トイレ無きマンション」状態ではないと。「合理的」な廃棄物の処理方法には信頼性があるのだと。日本人が知るべき重要な事柄に反対派が触れないのは、無知によるものなのか、無視なのか。2019/10/28

TAKA0726

11
イギリスは2025年までに石炭火力を全てやめる。ドイツは太陽光発電で世界最先端を走るも総発電量の6%の電力供給。世界の潮流は明確に原発に向いており、それに核燃料サイクルと軽水炉型原発の次世代型の高速増殖炉の組み合わせを目指すのが世界の方向。原発の被害を受けた広島はその後平均寿命、出生率の高さで健康優良県で見習うべき。中国とロシアが先行、フランス、インドに学べ。旧民主党政権の人災、非現実や観念論が横行する無責任社会、ジャーナリズムの質の低さを嘆いても、地球温暖化で深刻な被害が出ているのに解決策が見出せない。2019/05/06

dokusho

3
福島基準で汚染水を海に放出する基準はセシウムは1リットルあたり1ベクレル以下。 日本のペットボトル飲料水は1リットルあたり10ベクレル以下ぎ基準。 福島の海にペットボトル飲料水を流せば重大な基準違反になりかねない… という部分が衝撃だった。2019/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11916320
  • ご注意事項