文春文庫<br> 明智光秀

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,034
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
明智光秀

  • 著者名:早乙女貢【著】
  • 価格 ¥1,018(本体¥926)
  • 文藝春秋(2018/11発売)
  • 寒さに負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/26)
  • ポイント 225pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」をより愉しむために!
光秀の運命は尽きず、秀吉、家康の生涯を左右する。

美濃国主・土岐氏に連なる家に生まれた明智光秀。
浪々の身となり諸国を流れ巡り、やがて尾張の織田信長の家臣となる。

歌道や故実式目、軍学を究めていた光秀は瞬く間に織田家の出世頭となる。
やがて城持ち大名にまでなるが、比叡山焼き討ちをきっかけに信長と対立、ういに信長を討つべく立ち上がった。

本能寺の変の後、光秀は秀吉に破れ死んだと思われたが、じつは……。
光秀は生きていた!
それからの光秀は秀吉と家康、二人の天下人の運命に決定的にかかわっていくのだった。

光秀の知られざる波瀾の生涯を描く、伝奇歴史小説の傑作が待望の復刊。

解説・縄田一男