山と溪谷社<br> ヤマケイ新書 東京発 半日徒歩旅行

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

山と溪谷社
ヤマケイ新書 東京発 半日徒歩旅行

  • 著者名:佐藤徹也
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 山と溪谷社(2018/11発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784635241175

ファイル: /

内容説明

朝寝した休日でもたっぷり楽しめる、東京近郊「超」小さな旅。

休日にどこかへ行きたいけれど、1泊でいくほど時間もない。
休日にうっかり寝坊したけど、外は晴れていて家でただのんびりするのはもったいない。
そこで、この1冊。
東京を基点に、おおよそ半日で旅ができるスポットを「時代をめぐる」「乗り物に乗って」「地形を感じる」「自然満喫」「不思議を楽しむ」「街を漂う」という、
旅行好きな著者ならではの切り口で選んだ徒歩旅行コースをたっぷりご紹介します。

休日に、歩いて、見て、知って、ちょっぴり心がリッチになるプチ徒歩旅行ガイドの決定版です。
ポケットに入る新書判で持ち運びも楽々。

【第1章】時代を感じる徒歩旅行......江戸東京たてもの園、さきたま古墳群、小江戸・川越、鎌倉大仏、高麗の里、おもちゃのまち、青梅レトロなど
【第2章】乗り物も楽しむ徒歩旅行......矢切の渡しと柴又帝釈天、東京湾フェリーと鋸山、銚子電鉄と犬吠埼、御岳山ケーブルカーと武蔵御嶽神社、都電荒川線と鬼子母神、江ノ電と江の島など
【第3章】地形を体感する徒歩旅行......奥多摩むかし道、二ヶ領用水と久地円筒分水、盤州干潟と実験浸透池、桃園川暗渠、日原鍾乳洞、玉川上水、三県県境と谷中村跡など
【第4章】自然を満喫する徒歩旅行......国立天文台と神代植物公園、八国山緑地、勝沼のブドウ畑、子ノ権現、弘法山、東京港野鳥公園、真鶴の魚つき林など
【第5章】不思議を探る徒歩旅行......吉見百穴名とご当地「焼き鳥」、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園、岩殿山と猿橋、法雲寺の不思議な宝物など
【第6章】街を漂う徒歩旅行......東京スカイツリーと浅草、千住界隈と荒川土手、成田山、迎賓館と豊川稲荷、目黒不動、漁師町浦安、本郷根津谷中など

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶち

105
仕事を抱え、家事もこなさなければいけない身にとって、 午前中に家事をかたづけ、少し休んでから出かける、休日の半日旅行というのはたいへん魅力的です、しかも、徒歩での旅行。普段の運動不足を解消することも、この齢には重要なことです。(^o^) "あとがき"で著者が仰っているように、 半日といえども旅行の一番の醍醐味は、立ち寄るスポットやコースを考えることにあると思います。この本で紹介されている50のコースは、自分の旅行計画を立てるのに大いに参考になります。さぁ、面白い計画立てて、歩くぞっ!2020/03/20

クプクプ

54
佐藤徹也の本は初めて読みました。アウトドア系のライターということで、アウトドア好きの私にとっては正にお手本のような文章でした。私も紀行文の書き方はどう工夫して書けばいいのか大いに勉強になりました。書かれている散歩のコースは何と51か所。特に私がよく通う埼玉県横瀬町の日向山(ひなたやま)が載っていたのはうれしかったです。私があまり訪れない東京の都心部の豊川稲荷や反対に遠くて訪れない真鶴の海岸に憧れました。また「さきたま古墳群と忍城(おしじょう)」のページでは「陸王」のネタが出てきて気分が高まりました。2020/10/30

あじ

34
史跡、古道、廃線、暗渠、、ブラタモリ的な半日歩き。たてもの園、矢切の渡し、青梅、大黒湯、目黒不動などなど、東京に投宿した十日間の“私旅”を再び味わった。★3/5 ◆情報・第二弾が今春刊行予定2020/03/05

onasu

24
ちょうど仕入れたいと思っていたネタだったし、行ったことのあるところも何ヶ所か(家の近所も!)紹介されていたしで、あっという間に読み終えました。  残念ながら、是非ともここに、というのはなかったのですが、目的地を経由して出発地と違うところに出る、電車やバスの本数や道のアップダウンを考慮して交通機関の利用を決める等など、その道の先達に習うところは多々ありました。  写真での紹介にやや分かり辛いものもありましたが、好感の持てる一冊でした。2019/09/18

栗羊羹

12
まあまあ大人しくしていたGWには、ピッタリの本でした。鎌倉や江ノ島、玉川上水、浦安…行ったことがあるのは。面白かったのは、『第5章 不思議を探る徒歩旅行』でした。埼玉県法雲寺の宝物「天狗の爪」や「龍の顎」 かっぱ橋商店街にある逞しい金色の『かっぱ河太郎』…笑った!2020/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13150194

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。