コルク<br> 考える葦 - 本編

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,160
  • Kinoppy
  • Reader

コルク
考える葦 - 本編

  • 著者名:平野啓一郎
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • コルク(2018/10発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

文学とは、芸術とは、社会とは、「生きる」とは、何か――

作家生活二十年の平野啓一郎。『透明な迷宮』『マチネの終わりに』『ある男』執筆時に、作家は何を考えてきたのか。

文学、思想、美術、音楽、エンタテインメントから社会問題まで、広範なテーマに亘る六十七篇の論考を集成した、
待望の最新批評・エッセイ集。

「私たちは、今日、巨大な世界との対峙を余儀なくされている。なるほど、個々には葦の一本に過ぎまいが、
しかし、決して孤立した葦ではない。古今東西に亘って、たくましく繁茂し続けている一群の葦であり、
宇宙を包み込むのは、その有機的に結び合った思考である。」(「後書き」より) 

(収録作品)


私達自身のような「夭折の天才」――ドナルド・キーン『石川啄木』
愛に翻弄された父と子、そして女――フランソワ・モーリアック『愛の砂漠』
「気持ち悪い」文学の最高峰――小島信夫『城壁』
森鴎外「鶏」――アンケート:「美しい日本語」とは何なのか?
「「愚」と云ふ貴い徳」の弁護人――谷崎潤一郎
『細雪』の妙子――アンケート:谷崎潤一郎名キャラ図鑑
傑作群の底に流れていたもの――谷崎潤一郎「創作ノート」
混沌を秩序化する技術――三島由紀夫『小説読本』
木乃伊にならなかった知の木乃伊取り――澁澤龍彦
個人の一生と人類の罪――追悼・林京子
思い出すことなど――瀬戸内寂聴
「否定性」と「私ら」――大江健三郎
「稔りの飽和」の静かな重み――古井由吉『ゆらぐ玉の緒』
疾駆し、「ゆきき」する若き詩人――吉増剛造『GOZOノート 1 コジキの思想』
人間を知っている作家――キム・ヨンス
アーレントの「反ユダヤ主義」を読みながら
情報に”勝ち負け”はあるのか?――レジス・ドブレ『メディオロジー宣言』
昭和プロレスの”リアリティ”
俯瞰と没入――菊地信義『菊地信義の装幀1997~2013』
”我が事”としての西洋政治思想史――小野紀明『西洋政治思想史講義――精神史的考察』
〈顔〉で向かい合う自己と他者――鷲田清一『〈ひと〉の現象学』
テロと昭和――中島岳志『血盟団事件』

II
初めて小説を書いた年齢
未来には絶望しない――『ドーン』を振り返って
あなたといる時の自分――アンケート:I Love You. の翻訳は?
一区切りついた、という実感
桜の中で、時が重なり合う
自分を解釈してもらう喜び――オーダーメイドについて
出版激動期の「文学と金」
飯田橋文学会縁起
文士劇出演顛末
フランスと私