レグテック 規制のマイナス面をプラスに変える

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

レグテック 規制のマイナス面をプラスに変える

  • 著者名:佐々木隆仁【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 日経BP(2018/09発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822256746

ファイル: /

内容説明

押し寄せる規制の波に経営者はどう対抗すべきか!?
ITを駆使して規制に対抗する「レグテック」の真髄を探る!

コインチェックからの仮想通貨の流出といった事件をはじめ、マネーロンダリングのための架空名義の口座の取得や、不正な資金移動、公的文書の改ざんなどの事件も後を絶ちません。ITの発展は、情報や価値の流出、不正な取引などのリスクを膨らませています。その状況に呼応するように、新たな規制が続々と登場してきています。

経済活動の中にいる企業にとって、規制への対応は大きな課題です。規制に反していたことが明白になった場合には、改善策が求められるだけでなく、罰金の支払いといった制裁が課せられます。規制によっては、その額は企業の利益を吹き飛ばすような金額規模に上ることもあります。

こうした規制への対応をテクノロジーの後押しで実現しようというのが、「レグテック」です。レギュレーション(規制)に対応するテクノロジー(技術)から、レグテック(Reg Tech)と呼ばれます。規制への対応を、デジタル技術を中心としたテクノロジーで支援し、効率的で安全・安心な企業活動を実施できるようにするものです。

本書では第1章で、「なぜテクノロジーが規制対応に必要なのか」、レグテックの本質を明らかにします。第2章では、実際にどのような分野のソリューションにレグテックが活用できるのかを探ります。第3章では、先行する海外のレグテック事情を確認していき、第4章で日本国内の動きを解説します。規制への対抗手段は、その先の自社の強みに発展していく可能性を持っています。デジタル時代の経営者、マネジャーにとって必見の書です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

95
最近は、政府の政策のなかにかなりITがらみの政策が増えてきたといえます。その現状についての日本ばかりではなく世界の動向もとり入れての分析です。金融庁、経産省、総務省などが積極的な動きを見せています。個人的には早く政府主導でもってマイナンバーを利用した体系をきちんとしてもらえば楽になるところが多くなると感じているのですが。どうして政府は及び腰なのでしょうか?2018/11/25

Hatann

3
レグテックとは規制(レギュレーション)に対応するためのテクノロジー。デジタル化による社会の変化に応じて、既存の規制が強化されたり、新規の規制が導入されたりする。テクノロジーは、既存の規制への効率的な対応や、仮想通貨のようにテクノロジーによる新業態の規制への対応のために導入される。トレンドは規制の厳しい金融業界にて先行しているが、非金融業界にも共通する。コンプライアンスとは異なり、レグテックにおいては官庁と事業者が規制対応のプラットフォームを共有して市場の透明性・公平性を確保しようとする流れも特徴的である。2019/07/30

Kazkun

2
仕事読み。やはり興味がわかない分野の読書は遅くなってしまう。が、その周辺のブロックチェーン、GDPR、入札情報、KYCなどは仕事上直接関係あるだけに、知識として頭に折れておいても損ではないと思った。全体を通して、日本の残念さが浮き彫りになってしまっていて、やはり日本は沈没していくのかと焦る。Irohaには頑張ってほしい。2018/11/19

Book worm7

2
国際RegTech協会によると現在400のRegTech企業誕生、eID, OnFido, smartKYC, Hexanika, そらみつ、うるる、AOSリーガルテック2018/09/25

みーの

1
レグテック。日本ではまだ一般敵にはなっていませんが、XXTechの中で実は一番関係する領域が広いのかもしれません。規制はどこにでもあるものだし(特に日本では)2018/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13148015

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。