ちくま新書<br> 帝国化する日本 ──明治の教育スキャンダル

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

ちくま新書
帝国化する日本 ──明治の教育スキャンダル

  • 著者名:長山靖生【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 筑摩書房(2018/09発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日清・日露戦争に勝利した日本は帝国化に向かうべく、また青年層の贅沢化と個人主義化への懸念を払拭するために、国民教育における愛国教育を推進した。それはやがて妄想レベルにまで進み、三つの象徴的事件――哲学館事件、南北朝正閏論争、進化論問題を引き起こす。これらのスキャンダルから、明治初頭の実学優先・合理主義の教育が教養・精神主義に転換し、国家と天皇の神聖化、帝国神話強化に向かうメカニズムを解読する。教育の右傾化が危惧される今こそ必読の一冊。