竹書房文庫<br> 竜のグリオールに絵を描いた男

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader

竹書房文庫
竜のグリオールに絵を描いた男

  • ISBN:9784801915886

ファイル: /

内容説明

あまりにも巨大な竜グリオール
彼の上には川が流れ村があり、その体内では四季が巡る

“舞台”は動かぬ巨竜
唯一無二のシリーズ短篇集が遂に日本初刊行
初邦訳1篇、初収録2篇を含む全4篇を収録

全長1マイルにもおよぶ、巨大な竜グリオール。
数千年前に魔法使いとの戦いに敗れた彼はもはや動けず、
体は草木と土におおわれ川が流れ、その上には村ができている。
しかし、周囲に住むひとびとは彼の強大な思念に操られ、
決して逃れることはできない――。
奇想天外な方法で竜を殺そうとする男の生涯を描いた表題作、
グリオールの体内に囚われた女が見る異形の世界「鱗狩人の美しき娘」、
巨竜が産み落とした宝石を巡る法廷ミステリ「始祖の石」、
初邦訳の竜の女と粗野な男の異類婚姻譚「嘘つきの館」。
ローカス賞を受賞したほか、数々の賞にノミネートされた、異なる魅力を持つ4篇を収録。
動かぬ巨竜を“舞台にした傑作ファンタジーシリーズ、日本初の短篇集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

134
お気に入りさんの感想とこの本の表紙を見てすぐに読んでしまいました。ファンタジーという分野に分類したのですがもう少し深い意味がありそうな話でした。いくつかの話が入っているのですが、この表題作が矢張り一番ん印象に残りました。ものすごく大きな竜ですが、すでに死んで土地と同化しているのですが、精神的なものでそこに住む人々を拘束している、という話はどこかにありそうな話だと感じました。2018/10/10

星落秋風五丈原

73
解説で読んだ著者の経歴が面白かった。荒ぶる竜=自分で、倒した魔術師があの人だろうな、と。欲求不満をうまく昇華してますな。魔術師との闘いでもう動かないのに村の人々に影響を与え続ける竜。連作をよしとしない著者が珍しくシリーズ化したのだからよっぽど竜が気に入っていたのだろう。一度魔術師に倒されたのだから決して民を襲うことはないのだけれど、ただそこに存在するだけで民を支配しているという設定が面白い。2018/09/30

☆よいこ

67
表紙に魅かれて読了。文庫で1,100円、納得のボリューム。巨大な竜「グリオール」は数千年前に魔法使いとの戦いに敗れ動きを封じられた。しかしグリオールは永遠に生き続ける竜。邪悪な気配を振りまき周辺に影響を与え続けている。やがてグリオールの体は草木に覆われ川が流れ村ができる。[竜のグリオールに絵を描いた男]絵を描くことでグリオールを殺す[鱗狩人の美しき娘]竜の体内に囚われた女の話[始祖の石]司祭を殺した犯人は?法廷ミステリー[嘘つきの館]竜の女との異類婚姻譚▽大人向けドラゴンファンタジー4編。2019/07/09

いちろく

48
読書会交換本。国政でも、宗教でも、時風でもなく、竜の強大な思念に影響を受けて逃れる事が出来ない人々を描いたSFファンタジー。竜の存在そのモノが日常に溶け込んでいる事が興味深かった。呼吸をする様に当たり前に受け入れている様な描かれ方が特に。ページを捲る前は、竜に取り込まれた人々を描く発想の勝利と思ったけれど違った。これは、竜という存在に無意識に、意識的に、影響を受けた人々の物語。作風に関しては、正直始めは合わなかったけれど不思議と慣れていった。まるで作品の世界に私も取り込まれた様に。2019年の読み初め。2019/01/01

ヘラジカ

47
表紙の美しさに惹かれて購入した本。ファンタジーというよりも幻想文学として読むのが正しいと思う。結構ハードでダークな物語なので、「剣と魔法とドラゴン」を想像して読むと苦労するのではないか。世界設定を共有している連作小説だが、軸としてのグリオールを非常に上手く使っている。その割には、それぞれの作品は舞台も色合いも違っていてバリエーションに富んでいる印象を持つ。あとがきで紹介されていた他の作品もとても面白そうなので是非とも翻訳してもらいたい。確かに万人受けしないかもしれないが好きな人には堪らない作品だと思う。2018/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12990550

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。