最新医学図解 詳しくわかる狭心症・心筋梗塞の治療と安心生活

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

最新医学図解 詳しくわかる狭心症・心筋梗塞の治療と安心生活

  • 著者名:上妻謙【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 主婦と生活社(2018/09発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

狭心症や心筋梗塞に代表される心疾患は、日本人の死亡原因として、がんに続く第二位を占めています。
前ぶれもなく、ある日突然、心筋梗塞を発症して死に至ることもあります。
最大の原因である動脈硬化は、高血圧や糖尿病といった、生活習慣病や加齢によって進行します。
50代以降になれば、心臓発作は誰にとっても他人事ではありません。
本書は、日々進歩している狭心症・心筋梗塞の薬物療法、カテーテル治療、
冠動脈バイパス手術等についての最新情報に加え、近年は再発を防ぐために重視されている
「心臓リハビリテーション」について詳しく解説しています。

【内容】

★第1章★狭心症・心筋梗塞ってどんな病気?
・心臓は体のすみずみまで血液を届けるポンプ
・狭心症・心筋梗塞は冠動脈の血流が不足する病気
・狭心症タイプ1―労作性狭心症 動脈硬化によって冠動脈が狭くなる
・狭心症タイプ2―冠れん縮性狭心症 冠動脈がけいれんして狭くなる
・狭心症タイプ3―微小血管狭心症 毛細血管がけいれんを起こして血流が不足する
・心筋梗塞 冠動脈が血栓で塞がり、血流が途絶える
★第2章★狭心症・心筋梗塞の発作を防ぐ治療
・狭窄部の状態によって治療法が選択される
・薬物療法 症状を抑え、再発を防ぎ、心臓と血管を守る
・薬物療法 動脈硬化を防ぐ薬で進行を食い止める
・カテーテル治療 狭くなった血管を広げ、血流を改善する
・心臓リハビリテーションで再発を予防する
・発作が起きたときの対処法
★第3章★生活習慣病を改善して再発を防ぐ
・生活習慣病の改善は、心臓を守る近道
・“健康的にやせる”ための食べ方
・“健康的にやせる”ための運動
・生活習慣病を防ぐ外食テクニック
・血管の大敵! たばこは完全にやめる
・お酒との上手な付き合い方
★第4章★突然死を防ぐ生活術
・“うっかりのみ忘れ”を防いで命を守る服薬管理術
・必要以上に怖がって、日常生活の動作を制限しない
・水分補給で血液をサラサラに保つ
・トイレの「いきみ」や「我慢」は禁物
・歯周病を防いで炎症を抑える
・質のよい睡眠を6時間以上とる

〈先生、教えて!〉
・緊張すると心臓がドキドキするのはどうして?
・狭心症のような症状で受診しても、診断がつきません…。
・糖質制限って体にいいの?
・卵は1日1個までって本当?
・電子たばこは無害?