幻冬舎新書<br> 親子のための仏教入門 我慢が楽しくなる技術

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy

幻冬舎新書
親子のための仏教入門 我慢が楽しくなる技術

  • 著者名:森政弘【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 幻冬舎(2018/08発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344982024

ファイル: /

内容説明

今、子供に我慢させることは何より難しい。大人でさえ苦手なのだから当然だ。だが、意外な近道がある。それは仏教だ。仏教は「無我」を説く。無我とは、「苦痛が消え、自然に我慢できる状態」をいう。無我になると、イライラや腹立ちが消え、人生の些事が喜びに変わる。ロボット博士として名高い著者は、中学の技術授業でロボット作りが試みられた時、失敗を繰り返し考えながらも夢中で手作業する子供たちが、いつしか無我の境地にいることに気付いた。物作り、手仕事がもたらす効果を、合掌・読経・坐禅と並んで説いた、全く新しい仏教入門。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぱんにゃー

36
もちろんその頃、「柔軟な発想」や「自在」という言葉が、仏教の柔軟心(にゅうなんしん)や観自在菩薩に通じるものだとは夢にも思っていませんでした。:著者ロボコン博士 /『夢にも思わない』スケールデカ!(「夢を持つ」がちっちゃってわけではありません(コ))2014/05/17

Miki

8
日本文化の根底にある思想はどこか仏教につながっていて、文学だけでなく経済や政治にだって影響をを与えているはずなのに、その仏教についてあまりにも知らなさすぎる自分の教養のなさを恥じ、今更ながら子供向け入門本を読了。非常にわかりやすく、読後はゆったりと大きな気持ちになり、心が豊かになれた。それでも書かれてある言葉が単に読めるのと腑に落ちるのは違う。前者は知識として取り込んだだけ、後者はそれを理解し自分のものにし実行すること。「無記」「無我」突き詰めていくと面白い。仏教は宗教というより哲学だ。もっと勉強したい。2013/02/03

ま~やん

3
仏教の考え方が分かりやすい口調で書かれていて、本当に「親子のため」ですね。今まで、世界史で習ったり、小難しい本を読んでも分からなかった「宇宙と自己の融合」について何となくイメージを掴めたような。別の機会にもう少しじっくり読もうっと。2012/06/27

メルセ・ひすい

3
14-68赤60 我慢は無我から…牧師がお寺で座禅。仏教が説く「無我」を知れば、イライラや腹立ちが消え、人生の些事が喜びに変わる。物作りに夢中になると、子どもも無我の境地に。物作り、手仕事がもたらす効果を、合掌・読経・坐禅と並んで説いた新しい仏教入門。2011/03/10

ダンゴ☆ルッチ

2
ロボコンから仏教を説く視点はとてもよくわかりやすかったです♪2014/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2367600

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。