偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する

  • 著者名:仲新城誠【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 産経新聞出版(2018/08発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784819113168

ファイル: /

内容説明

不都合な事実を報じない「沖縄タイムス」「琉球新報」はもう読みたくない!
石垣島のローカル紙、八重山日報が2017年4月、「沖縄本島版」の発行を始めた。沖縄本島での日刊紙の発行は実に50年ぶり。わずか2カ月で2000部超の読者を獲得し、新聞受けには「一緒に沖縄を変えましょう」のエールが。一方で「八重山日報の配達は禁止」という沖縄タイムス名の文書がネットに流出して……。
歓迎、黙殺、妨害…沖縄メディアに地殻変動! 発行部数1万部目指す編集長の奮闘記

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HMax

24
「ひょっとすると違う見方もあるのではないか」「とにかく相手の言い分にも耳を傾けよう」、簡単なようで難しい。八重山日報沖縄本島版発行にかける努力、地元2紙に忖度する印刷会社、取材拒否、等々。結局、第三の新聞の試みも1年10か月で終わってしまった。「ニッコリ笑って尖閣ぐらいくれてやろうではないか。」なんていう新聞社があるから、玉城知事のように「中国公船が(尖閣諸島の)周辺海域をパトロールしていることもあるので、故意に刺激するようなことは控えなければならない」というような発言になるのだろう。 2019/07/21

yuri

7
八重山日報記者から見た米軍基地問題ルポ。難しくはないけれど…なかなか頭の痛いテーマで、読み進めるのに難儀した。私自身北海道出身なので、地方紙にとっておくやみ欄が超重要コンテンツであり、それゆえ住民は地元紙を取り逃がすことができないという状況は実感としてよくわかる。それだけに、同書の内容は決して他人事とは思えなかった。タイムスや新報、八重山日報の是非は置いておいて、私たち受け取る側のメディアリテラシーの重要性を改めて痛感させられた。2017/11/15

mogutan

7
私の地元新聞「琉球新報」「沖縄タイムス」は、フェアな報道が明らかにされていない。反辺野古移設、反安倍、反自民の一色である。沖縄ではこの2新聞がほぼ独占状況であり、その影響は大きい。私の身近でも「辺野古移設のメリットもあるのでは?」と言えないような雰囲気がある。つまり、自由にものが言えない閉塞感がある。もう少し言えば、2社により言論統制がある。ちなみに、両紙は安倍政権による言論統制が進んでいると批判している。本書を読むことで、沖縄に第3の新聞が必要であることを強く感じ、八重山日報を応援したいと強く思った。2017/08/12

古本虫がさまよう

6
「土人」発言や、オスプレイ報道にしても、あまりの針小棒大の地元紙の報道姿勢に対して分析。基地反対運動家の行き過ぎた「暴力」や「ヘイトスピーチ」は見て見ぬフリをする二紙に対しても的確に批判している。著者の新聞は、選挙の報道に関して、保守系、革新系、双方に取材を申し込んでも、左派系候補は「忙しい」といって、事実上の取材拒否を受けたりもしたそうな。狭量な左翼人にありがちな対応だ。 暴力活動で逮捕拘留された山城博治を「ヒーロー」扱い。朝日や東京もそういう扱いをしていたと記憶している。「違うだろ!」と言いたい?2017/10/13

ココアにんにく

6
『八重山日報』という新聞は本書で初めて知りました。沖縄の2紙は、メディアリテラシーを学ぶ上でウェブ版など時々見ていました。2紙がほとんどシェアしている沖縄本島に第3の新聞を作ることの大変さ。取材の難しさなど伝わって来ます。色々知らなかった事が書かれていて衝撃が大きい。その中でもジュネーブでの演説が興味大。山城氏、我那覇氏の演説全文が載っている。我那覇さんの活躍はすごいです。基地前での動画見ました。尖閣は沖縄の島なのに当事者意識の低さにも驚きです。2017/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12151200

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。