光文社文庫<br> 京都三無常殺人事件

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

光文社文庫
京都三無常殺人事件

  • 著者名:花房観音
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 光文社(2018/08発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334776688

ファイル: /

内容説明

船岡山で女の死体が発見された。京都府警の若き刑事・田村は捜査の最中、口は悪いが美しい土産物屋の未亡人・月寺松葉と出会う。古き時代に風葬地だった蓮台野、化野、鳥辺野の「三無常の地」で起きる殺人事件。松葉の助けを借りながら真相を追う田村が、事件の果てに見出した慟哭の真実とは!? 京都の名所も満載。多様な魅力に彩られた連作ミステリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

じいじ

109
つぎつぎに起きる殺人事件―花房観音が初めて挑むミステリー小説。舞台はホームグランドの京都。30歳の独身刑事が、幼馴染美女三人組の協力を得て事件解決に奔走します。思った通り独身刑事は、未亡人美女に一目惚れ「ほの字」に…。文中、名所の由来や彼方此方の美味いモノなどのオマケ情報付きで、得した気分に…。花房観音の小説だから…と期待していた、濡れ場が描かれていないのが少しばかり残念です。ホッと笑いも誘うエンタメ・ミステリーです。2018/09/10

Kei

98
タイトルと書き出しで、あっ、観音さん、山村美紗になろうとしている?!と思いきや。京都の名所や食べ物屋さんを紹介しながらの、探偵役の美女、コンビになる刑事、作家、芸妓、バスガイドと、なかなかのラインナップ。しかし、どうしても美沙さんになれるほど軽くない観音節。官能は抜きでも、怨念は健在。アッとつながる終章でした。2022/02/02

はつばあば

61
花房観音の小説に濡れ場が描かれていない小説・・と読み友さん。そりゃ読まずばなるまいと。う~ん、私はなんて情けない学生時代を送ったのだろう。舞台となった近隣の高校大学と過ごしたのに全く京都を知らずに・・他県や海外に目を向けてしまっていた。グーグルマップで検索しながら京都を地図の上でしかもうたどれない。我が人生最大の損失と悔やみきれない。京都に興味のある方は是非この本を道案内にお越しください。2018/09/17

キンモクセイ

44
蓮台野、化野、鳥辺野の三無常の地で起こる殺人事件。刑事だけどあまりやる気のない田村は捜査の途中である土産物屋の美しい女性、月寺松葉と出会う。京都在住でも全く詳しくない田村に松葉は京都の歴史と名所を案内しながら、事件の解決に協力してくれる。田村は松葉に好意を寄せながら上手く進展できないでいるのたが...花房さんお得意の官能小説ではなくミステリー。でも、京都、土産物屋、着物が似合う美しき未亡人と公式は成立する。軽めのミステリーで、どちらかというとサスペンスドラマみたい。2019/12/12

のりすけ

27
花房観音さんを期待してたら「え?濡れ場シーンが無いなんて、ウソンヌー!」ってなるようなミステリ。京都案内も万全やでー。なんとなく山村美紗さんっぽい感じ?オチやラストの持って行き方も含めて2時間ドラマになりそうな作りでした。京都ならではで成り立つ物語のような気もします。京都行きたい~。二年坂まで行かないと至高の耳かきが手に入らんのじゃ←読書感想に関係ない情報でスマヌーン。2021/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12918241

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。