毎日、サバ缶!

個数:1
紙書籍版価格 ¥997
  • Kinoppy
  • Reader

毎日、サバ缶!

  • 著者名:日経おとなのOFF【編】
  • 価格 ¥997(本体¥907)
  • 日経BP(2018/08発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822256944

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

非常食か保存食、程度の地味な存在だったサバ缶が、水産缶詰商品の主役に躍り出た。
その生産量はツナ缶を抜き、第1位に。
昨年末にテレビ番組で「ダイエットにいい」「意外においしい」と取り上げられて以降、
スーパーでは品薄状態だ。
長年、魚油の研究を続けてきた早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の矢澤一良さんは、
「旬の、最も脂が乗った状態のサバを缶に封じ込めることによって、青背魚にたっぷり含まれる
EPA、DHAといった“いい油”を安価に手軽にとることができる」とサバ缶のメリットを説明する。
サバ缶の健康パワーを担うのが、EPAやDHAといったオメガ3脂肪酸。
脳の機能を高め、血液をサラサラにし、ぽっこりおなかや動脈硬化、心筋梗こう塞そくの原因となる
中性脂肪値を下げるなど、さまざまな効果が認められている。

本書ではサバ缶の美味しくて健康効果を最大限に引き出す食べ方をご紹介します。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

里季

50
鯖缶が流行ってたころに図書館で予約したのがようやく到着。期待通りのおいしそうなレシピがたくさん。でも、やっぱり自分の好みのアレンジの仕方がいいと思った。鯖缶じゃないけどしめさばがおいしそう。家族が多かったときには鯖一尾を酢で〆て、鯖寿司を作ったものだ。懐かしい。2019/08/23

あゆみ

24
★★★★★ 書店のサバ缶レシピコーナーから一番良さげなのを購入。サバ味噌ボロネーゼ、サバつくね、サバピーマン詰め、サバマーボ、サバカレー。流石に毎日はしないが、お肉の代用品として使えそう!他にも試してみたいレシピがあって満足!2019/07/10

niko-08

11
今さらですが…。サバ缶のアレンジがいろいろ載っていたので試したいです。2019/12/14

遠い日

11
先日なにかのTV番組で、サバの水煮缶が白髪の改善に良いと知って、興味を持つ。もともと嫌いではないが、家人が嫌いなので食卓に上ることはなかった。DHAとEPAが体にいいことは承知しているので、自分だけでも、もう少し頻繁にとってみようと思う。アレンジも簡単そうだ。酒の肴なら、毎晩でも取れそう。2018/08/26

ちびあんすも

10
偏食の私がこよなく愛するサバ缶@水煮。好きな人が周りにいないのでアレンジメニューが知りたくて。サバ缶+納豆+ワカメ+オリーブオイル、簡単で美味しそう(*´﹃`*) 私も、サバ缶+納豆+マヨネーズはよくやるので。サバ缶の味が苦手な人は、カレーとかいいかも。2021/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12918510

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。