ちくま文庫<br> 人生の教科書[おかねとしあわせ]

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

ちくま文庫
人生の教科書[おかねとしあわせ]

  • 著者名:藤原和博【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 筑摩書房(2018/08発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784480435217

ファイル: /

内容説明

すでによく知られていることだが、日本人の幸福度は先進国の中で最も低い。「お金があっても幸せになれない」のはお金の使い方がわかっていないからかもしれない。お金をどう使うか、何に使うかが幸せになるかならないかを決めるのだ。著者は「人との絆を深める使い方だけが幸せを導くのだ」と断言する。幸せになるお金の使い方を18の法則にして紹介する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

u1

18
自分的に納得解だった!「物語にしかお金を使わない」これは、本を買うなら小説を買え!という意味ではない。人の絆や、自分と他者との物語が生まれる場合にこそ、お金を使っていくべきだということ。それは、他者と仲良くなるためにお金を使うこと、とも違う。日本人は1万円から100万円までのお金の使い方が下手くそだ、と、言い得て妙。お金を増やすには?貯めるには?ということばかりに目が向くが、実は誰も教えてくれない、自分で学ぶしかない、お金の使い方こそが、結局は自分のために一番重要だと、そう理解した!面白い考え方と思う。2019/12/04

彼岸花

5
抽象的な表現が多く、ピンときませんでしたし、あまり実用的ではなかったかな?というのが正直な感想です。そもそも住む世界が違う方なので(雲の上の存在)ギャップがありすぎました。お金は使いようだと言う意図は理解できましたが…2018/08/25

りょーすけ

3
中くらいの幸せ買いたい。 やはり会社以外のコミュニティを作っておくことも大事なんだな。2018/06/03

かずぴろ

1
中くらいの幸せを感じるためにどのようなお金の使い方をするか。18項目すべでが自分にとってあてはまるわけではないが、ためになった。藤原先生の本はいつもためになる。2019/09/18

sukesuke1202

1
お金を何に使うかというのをよく考えることが本当に大切。当たり前と言えば当たり前ですが、実際自分が出来ているかと言われれば出来ていないと思う。使わないように使わないようにと、無駄な事には使っていないと思うが、好きな事に、自分のプラスになる事にうまく使えていない。そうでなきゃ、自分が、お金が、未来が大きくなっていかない。自分のための『使い方』の教科書です。2019/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12767955

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。