キャリア論―個人のキャリア自律のために会社は何をすべきなのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,592
  • Kinoppy
  • Reader

キャリア論―個人のキャリア自律のために会社は何をすべきなのか

  • 著者名:高橋俊介【著】
  • 価格 ¥2,592(本体¥2,400)
  • 東洋経済新報社(2018/08発売)
  • ポイント 24pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

一流企業14社の最新人事調査を元に、企業における個人のキャリア形成と経営との関係を、人気コンサルタントがまとめた、人事マン必読の最新人事論。

目次

まえがき
第1章 自律的キャリア形成とは何か
1 個人の視点から見るとどうなるか
2 経営の視点からの自律的キャリア形成
3 社会の視点からの自律的キャリア形成
4 キャリア評価の視点からの自律的キャリア形成
第2章 キャリア理論の新たな展開
1 静的キャリア論か動的キャリア論か
2 決定論モデルか確率論モデルか
3 プロセスとしてのキャリア論
第3章 自律的キャリア形成プロセスの実態
1 幸せのキャリアをもたらすキャリア自律行動とは何か
2 キャリア自律行動を強化する要素とは何か
3 キャリア自律は人材流出をもたらすか
第4章 キャリア自律実現への課題は何か
1 人材クラスター別のキャリア自律への課題
2 職種別企業別のキャリア自律への課題
第5章 個人の充実と経営の強化をもたらすキャリア自律概念
1 経営の視点と個人の視点を統合したキャリア自律概念
2 キャリアコンピタンシーモデルによるキャリア自律概念実現の視点
3 米国における経営視点からの組織内キャリア自律概念の誕生
第6章 自律的キャリア形成を推進する組織・人材マネジメント
1 自律的キャリア行動を強化する組織マネジメント
2 序列性・予測性・一律性の低い人事制度へ
3 継続的に社内流動市場を活用したキャリア自律支援
4 自律的キャリア行動を支援する研修とキャリアカウンセリング
5 ライフデザインを尊重した新しい福利厚生
6 キャリア自律とキャリア権尊重の社会的推進
あとがき