角川書店単行本<br> 大ぼら吹きの城

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy
  • Reader

角川書店単行本
大ぼら吹きの城

  • 著者名:矢野隆【著者】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • KADOKAWA(2018/07発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

出世のために、信長の無理難題を乗り越えろ!

今川義元率いる軍勢が、三河から尾張へと侵攻せんとする頃。小者頭の藤吉郎は、清洲城で見かけた美しい娘に、身分も顧みず求婚していた。
浅野又右衛門の養女・於禰に、「儂は天下人になる男じゃ!」と吠えてみたものの、にべもなく振られる始末。
今川との戦いに際し、織田信長に同道するが、出世はなかなか見込めない。
だが、西美濃侵攻に際し、信長から木曽川の川筋衆の主・蜂須賀小六の調略を命じられる。
川筋衆を味方につければ、犬山城攻略は圧倒的有利に運ぶ。
千載一遇の機会を得た藤吉郎は、小六の許へ乗り込むが、信長を嫌う小六は一筋縄ではいかなかった──。