京都下鴨なぞとき写真帖

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

京都下鴨なぞとき写真帖

  • 著者名:柏井壽
  • 価格 ¥599(本体¥545)
  • PHP研究所(2018/07発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569768526

ファイル: /

内容説明

彼のカメラに写るのは、四季の風景と美味しいもの、そして迷える人の心……。『鴨川食堂』で人気の著者による京都の名所、グルメ情報満載の新スタイル小説誕生! 京都の老舗料亭〈糺ノ森山荘〉の八代目当主・朱堂旬は、ふだんは冴えない風貌で、自転車にまたがる姿はどうみても下働きの従業員。ところが彼は、人気写真家・金田一ムートンというもう一つの顔をもっていた――。秋の大原、どこか寂しげな着物姿の女性が向かうのは山中の来迎院。彼女にカメラを向けたムートンがファインダー越しに見抜いた真実とは?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐々陽太朗(K.Tsubota)

94
京都の名勝地とそこに実際にあるおいしい店が紹介される。そしてそこで展開される人情話が読みどころである。京都観光グルメガイドと市井人情小説の幸せな合体。京都に生まれ、京都に住み、京都を食べ歩き尽くした柏井氏ならではの見聞は正真で慥かだ。  第二話「雪の千本鳥居」が好い。年老いたおばあちゃんが一人で切り盛りする食堂は何処とは特定されていないが、京都の町中にあり地元の人からうどん屋と呼ばれているような大衆食堂。店の佇まいを想像するだに京都に行きたくてたまらなくなる。2018/08/12

カメ吉

53
面白かった。ノリは『鴨川食堂』と同じ少し展開が雑な感もあるけどテンポ良く楽しめた。 京都のガイド的な趣きもあってそれも面白かったです。 下鴨の老舗料亭の当主が実はもう一つ写真家という顔を持つ。 しかも短編で舞台をかえながら事件を解決する様は気持ちいい。 話の終わり方から続篇もアリかな? シリーズ化しそう。2018/08/28

リコリス

40
糺ノ森山荘ってもしかしてあそこがモデル?と思ったらそうだった。料亭の主人と写真家という2つの顔を使い分ける主人公が京都の有名所を撮影しながら謎を解く。バレないかな?とちょっとヒヤヒヤしながら読み進めた。下鴨、円山公園、北野天満宮などよく行く場所がでてきて読みやすい。実在するお店もでてきます。各章ごとの〈ワンポイント情報〉も円山公園の所では平野屋本家、長楽館が紹介されている。伏見稲荷の話や能の話がよかった。2巻も出てるみたいだから追いかけます。2019/05/11

ジュール リブレ

39
江戸時代からつながる料亭に婿入りした旬。裏の顔は……で、美味しいものを食べ歩く。京都の名所と銘店紹介も兼ねた一冊で、なかなか楽しませてもらいました。一度、訪ねてみたいですね。ある一軒を除いては。2019/08/05

ユメ

37
主人公は、下鴨の老舗料亭〈糺ノ森山荘〉の八代目当主・朱堂旬。彼には、人気写真家・金田一ムートンというもうひとつの顔があった。『鴨川食堂』とはまたひと味違う軽やかな雰囲気だが、ファインダー越しに見えたささやかな謎の真相に対する旬のアプローチの仕方は、鴨川流に通じるものを感じる。悩みを抱える人に対して深入りもせず、かといって突き放しもしない距離感は、京都人ならではなのだろうか。その絶妙な塩梅が心地よい。各章の終わりに、著者ならではの京都の情報を解説するコラムが載っているのも本作の特徴のひとつだ。2018/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12907131

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。