男気の作法 ブロンソンならこう言うね。

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

男気の作法 ブロンソンならこう言うね。

  • ISBN:9784838729630

ファイル: /

内容説明

男気とは、自分にいちばん近い人を守る心意気。
宇宙レベルでブレない生き方――。
そして、男気こそがいまの時代を生きぬく切り札!
『POPEYE』大人気連載、待望の書籍化!

◆ブロンソンズとは
1994年、『STUDIO VOICE』誌上にて、
みうらじゅん&田口トモロヲによる
ザ・ブロンソンズが男気あふれる人生相談の連載をスタート。
田口の悩みにはブロンソンが降臨したみうらが答え、
同じく、みうらの悩みには田口ブロンソンが克服の道を示す。
二人が吐露するのは、男なら誰しもが抱く悩み。
ブロンソンズの出す「答え」は普遍性を帯びたからこそ大きな支持を得た。
あれから時を経て、閉塞した日本と日本男児に活を入れるべく、
再び『POPEYE』誌にてブロンソンが降臨。男気を説く!

◆男気人生相談より
・エロライク・ゾーンが広がりすぎて困っています。
・新しいことから目を背ける日々、これって老化ですか?
・いついかなるときも、女の前で堂々とした男になりたい。
・ギリギリで慌てるぐらいなら、今から積極的に死を考えるべきですか?
・もはや理由なきロン毛&サングラス。そもそも、キャラって何?
・同じことを繰り返す日々、モチベーションってヤツらが上がらないんです。
・いつまでたっても“適度”が分からず。どんな飲み方が“男気”なのか、教えてほしい。
・近頃、「野垂れ死に上等!!」と思えなくなってきたんです。
・世のいろんなこと、政治家に任せて大丈夫?
・未だに恋愛と肉欲の違いが分からない。
・「とりあえずビール」という生き方を続けてヨイのでしょうか?
・僕が死んだら、エロスクラップはどうなるの?
・最近、かなり酔っぱらうと必ず移住の話をしてしまいます。
・歳も歳だし、もっと人に優しくなりたいんです。

◆巻末スペシャル鼎談
[田口トモロヲ×峯田和伸×みうらじゅん]

◆峯田ブロンソン初降臨の巻も!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おかむら

27
「POPEYE」連載の人生相談。といってもMJとトモロヲさんが互いのお悩みを互いにチャールズ・ブロンソンになりきって(降臨して)答える体。だいぶ前に出た「ブロンソンならこう言うね」って本の続編です。今ごろ〜。変わらずくだらなくて楽しー。どんな悩みも回答の8割下ネタで返すブロンソン(になりきったお二人)。しかもじゅんちゃんのお悩みが下半身問題ばっかりだった時期があり単行本収録の際にカットされたよう…。10割だったんかい。2018/01/20

gtn

17
二人とも大人だからこそ、ここまで馬鹿に徹することができる。言葉尻に「やんス」をつけて、相手の様子をうかがえというアドバイスは最高。2018/05/10

14
男気。「弱い者が苦しんでいるのを見のがせない気性」。ブロンソンは全然世代じゃないが、冒頭の人物説明読むと確かに男気のひと。昭和のぶっとい漢って感じ。しかしこのふたりバカだね~w 田口トモロヲがこんなテンションの人だと思いませんでしたよwこの年で真面目に不真面目やってるのは偉い!一見ユニークなようで、実は正統派の回答だったしね。ふふ。いやー、大きいことや不慣れな何かをする際に、「ブロンソン…おりてこい…」と念じれば無敵になれそうだ。使えるぞ。得られたものはそれくらい(笑)竹園さん、ありがとうございました!2021/10/20

チョビ

6
お互いがブロンソンになって初老特有の(ほぼ)シモや若さからの乖離の悩みについて語る。普段は小心者らしいお二人がパーンと弾けて悩みを解決してるんだかしてないんだかが面白い。特にトモロウさんがあまりにこなれてなくて、もう笑うしかない。ただし、一応二人の対談になると途端にパンクになってしまう。…男気って結局そこでないのだろうか?何故か銀杏の峯田氏がブロンソンズに仲間入り。意外とハマっとります。2018/04/20

ココアにんにく

5
図書館でジャケットを見て借りました。ほとんど下ネタじゃないですか(笑)。ブロンソンを知っている人ならきっとディープな面白さかも。周りにブロンソンって知ってる?って聞くと「知らない」か「北斗の拳」という反応。なのでネットで調べました。男気というより男臭さ。一人称がワシと訳されるのも納得です。みうらさんのご著書は読んだことがありますが、田口さんは初。お名前だけ知っていたので、本書の印象がついてしまう2017/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12274839

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。