オーバーラップ文庫<br> 魔法使いです。勇者のパーティーを抜けたいです。 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥759
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

オーバーラップ文庫
魔法使いです。勇者のパーティーを抜けたいです。 1

  • ISBN:9784865543612

ファイル: /

内容説明

魔法ができる=モテる! 陰キャな魔法使い見習い、アベルは完璧な理論を生み出した。どんな偉大な数学者でさえ、この理論は覆せないのだ。反論してみるといい。計算用紙を火炎魔法で燃やしてやる。いいか数学者よ、紙は――燃える。
しかし、なぜか完璧な理論は破綻し、アベルは未だ満足に女子と話すことすらできない。隣の席のイケメンはモテているのに。さらに、鬼教官・ミッシェルに通告された退学を回避するべく、魔術大会に出場する事態に陥り――!?
いずれは勇者パーティーに所属する、陰キャだけどモテたい魔法使いが贈るファンタジーラブ(?)コメ、開幕!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

4
独自の理論に基づいて努力を重ねる、陰キャな魔法使い見習いの少年が、退学を避ける為に大会に出場し始まる物語。―――勇気と知恵、それこそが世界を開く鍵。力はない、だけど知恵と可能性はある。そんな未完の大器である少年が、面倒で仕方ない謀略に向き合い跳ね除けるこの物語。ひねくれているけど優しくて根は真っ直ぐ。そんな少年の内心が受け入れられた時、面白さが増す物語であり、癖は強いも面白い味のする物語である。魔族の影も垣間見える、一筋縄ではないか無い世界。何れ栄光を掴む少年の次の道とは。 次巻も須らく期待である。2018/07/29

0
2020/03/08

honnsuki

0
主人公は捻くれてるとこは有りますが、基本的に素直で他人の事を思いやれるいい子なので、ストレスなく読み進める事ができました。努力家で、優秀なのも頑張ったからだというのも好印象です。でも話の展開上、次はミッシェル先生の出番は少なくなってしまうのだろうか?出番いっぱいあるといいな。2018/08/20

Flast

0
タイトル...無茶しやがって...2018/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13017395

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。