女子の心は、なぜ、しんどい?

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

女子の心は、なぜ、しんどい?

  • 著者名:清水あやこ
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • フォレスト出版(2018/07発売)
  • 深まる秋!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/25)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

■マウンティング 嫉妬 バリキャリ キラキラ女子 
メンヘラ セクハラ 毒親 ワンオペ育児…

女性ならではの悩みを抱えるすべての女子へ
女から女、社会から女、男から女。
女はあらゆる場面で批判され、時には否定され、
理想を追いつづけながら生きています。
周囲からの評価に晒さらされつつ、
よりよい自分を目指していくのは大変なストレスで、
多くの女性が女性であることのしんどさを
感じたことがあるのではないでしょうか?

■そんな女性がより楽に、
自由に女を生き抜くために書かれたのが本書です。
著者は心理ケアサービスを提供する「ヒカリラボ」代表。
「大丈夫。自分で自分を愛してあげましょう」といったゆるふわ系、
あるいは「細かいことなんて気にする必要なし!」
といったサバサバ系メッセージに甘んじることなく、
本書では、心理学に関する国内外の研究・文献をベースに、
真に効果的で、信頼性のある論を展開していきます。


■「女性の感情・認知のゆがみ」を整える
「女性グループの輪から抜け出したい!」
「働くことと素敵な妻・母親をうまく両立できない」
「セクハラ発言をされて嫌な思いをした」
「友人の結婚を素直に喜べない」……

本書では、女性にとってのあるある的な悩みをピックアップし、
その悩みの原因となっている「ゆがみ」を提示していきます。
おそらく、それを「ゆがみ」として
受け入れることに抵抗を感じることがあるでしょうが、
その違和感を大切にしてください。

違和感が強いほど、それがあなたを
しんどくさせる「ゆがみ」である可能性が高いからです。
そして、その「ゆがみ」を整える考え方や、
手放す方法をお伝えしていきます。
「ゆがみ」を整えることで、
悩みだと思っていたものが悩みでなくなったり、
少なくとも以前ほどしんどくならなくなるはずです。

■目次
まえがき――自分で自分を縛らないために
第1章 何が女性の心をゆがめてしまうのか?
第2章 女の敵は女? やっかいな「隣人」たち
第3章 ありえない! 社会が求める有象無象、女性像
第4章 男たちの理解不能な部分を分析する
第5章 女性であることを肯定できる自分になる
あとがき――自分の本心で一瞬一瞬の選択を