女子の心は、なぜ、しんどい?

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy

女子の心は、なぜ、しんどい?

  • 著者名:清水あやこ
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • フォレスト出版(2018/07発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784894519855

ファイル: /

内容説明

■マウンティング 嫉妬 バリキャリ キラキラ女子 
メンヘラ セクハラ 毒親 ワンオペ育児…

女性ならではの悩みを抱えるすべての女子へ
女から女、社会から女、男から女。
女はあらゆる場面で批判され、時には否定され、
理想を追いつづけながら生きています。
周囲からの評価に晒さらされつつ、
よりよい自分を目指していくのは大変なストレスで、
多くの女性が女性であることのしんどさを
感じたことがあるのではないでしょうか?

■そんな女性がより楽に、
自由に女を生き抜くために書かれたのが本書です。
著者は心理ケアサービスを提供する「ヒカリラボ」代表。
「大丈夫。自分で自分を愛してあげましょう」といったゆるふわ系、
あるいは「細かいことなんて気にする必要なし!」
といったサバサバ系メッセージに甘んじることなく、
本書では、心理学に関する国内外の研究・文献をベースに、
真に効果的で、信頼性のある論を展開していきます。


■「女性の感情・認知のゆがみ」を整える
「女性グループの輪から抜け出したい!」
「働くことと素敵な妻・母親をうまく両立できない」
「セクハラ発言をされて嫌な思いをした」
「友人の結婚を素直に喜べない」……

本書では、女性にとってのあるある的な悩みをピックアップし、
その悩みの原因となっている「ゆがみ」を提示していきます。
おそらく、それを「ゆがみ」として
受け入れることに抵抗を感じることがあるでしょうが、
その違和感を大切にしてください。

違和感が強いほど、それがあなたを
しんどくさせる「ゆがみ」である可能性が高いからです。
そして、その「ゆがみ」を整える考え方や、
手放す方法をお伝えしていきます。
「ゆがみ」を整えることで、
悩みだと思っていたものが悩みでなくなったり、
少なくとも以前ほどしんどくならなくなるはずです。

■目次
まえがき――自分で自分を縛らないために
第1章 何が女性の心をゆがめてしまうのか?
第2章 女の敵は女? やっかいな「隣人」たち
第3章 ありえない! 社会が求める有象無象、女性像
第4章 男たちの理解不能な部分を分析する
第5章 女性であることを肯定できる自分になる
あとがき――自分の本心で一瞬一瞬の選択を

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らぴす

1
世間が言う「女」を求められる女子たちが、そんな周囲の声や自分が勝手に作った理想像に、苦しめられずに生きるための処方箋集。自分自身の生き方は自分で決める。そう思って心のままに生きれる女性が少しでも増えますように。2018/08/19

se_7an

0
一問一答形式で悩みの解決策を提示する感じだった。 世間とか自分のしがらみにとらわれずにもっと伸び伸び生きたい。2021/05/26

珈琲

0
流し読み2020/06/30

ありす

0
★★★☆☆ ヒカリラボをフォローしてる事もあって期待してたけど、あまり共感できる事例が少なくて、少しがっかりだった。2018/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12924617

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。