たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy

たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク

  • 著者名:浦上大輔
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • フォレスト出版(2018/06発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

◆アメリカでは日常でも使われている有名な話術
アメリカに「人を励ます技術」があります。
始まりはスポーツの世界からでしたが、
今ではビジネス界は言うに及ばず、
ニュースでも普通に使われている言葉です。

それが「PEP TALK(ペップトーク)」です。

◆ペップトークはスポーツ、
たとえば試合前のロッカールームで、
ヘッドコーチが緊張している選手たちの前で
本来の実力を発揮できるように、1分くらいの話をします。

これが元々のペップトークの始まりです。

・部下をやる気にさせたいリーダーやマネジャー
・悩んでいる友人を何とか励ました人
・子どもにやる気を出してほしいと思っている親

など、さまざまな場面でペップトークは使えます。

たった1分、4つの要素を組み立てるだけ
ペップトークは1分前後でできる話術ですが、
実は論理的に分析されています。
また、わかりやすいシンプルな言葉で伝えていきますが、
これはさまざまな人種がいるアメリカならではのものです。

◆ペップトークは、次の4つの組み立てによって構成されています。

1. 受容(事実の受け入れ)
2. 承認(とらえかた変換)
3. 行動(してほしい変換)
4. 激励(背中のひと押し)

1~4の順番に沿った話し方で、
本来の力が発揮できる状態になったり、
元気になったりするのです。

ペップトークは、相手の感情に寄り添った言葉がけをすることにより、
相手が信頼を寄せ、より良い人間関係も構築することができるのです。

◆目次
はじめに
・誰かに励ましてもらったことがあるけれど、自分が励ます立場になったら……
・アメリカで誕生した人を「励ます技術」

第1章 人のやる気はどこから生まれるのか?

第2章 人はなぜ本来持っている実力を発揮できないのか?

第3章 相手のやる気を最大限に引き出すペップトークのつくりかた

ステップ1 受容(事実の受け入れ)
・受容は、相手を受け入れる準備のステップ

ステップ2 承認(とらえかた変換)
・承認は、感情を一気にプラスに転換させるゴールデンステップ
 
ステップ3 行動(してほしい変換)
・行動とは、ポジティブにしてほしいことを明確に伝えること

ステップ4 激励(背中のひと押し)
・最後は相手の背中をどう押して送り出すかだけ

第4章 相手のやる気を最大限に引き出すペップトークの伝えかた

第5章 あなたのペップトークを実践する