放送大学叢書<br> 西部邁の経済思想入門

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader

放送大学叢書
西部邁の経済思想入門

  • 著者名:西部邁【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 左右社(2018/06発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784903500775

ファイル: /

内容説明

80年代後半に刊行され今なお有効性を失わない名著に
「新々自由主義」「グローバリズム」「IT革命」を加筆。
今日の危機に満ちた資本主義的市場の未来を語るための一冊。

「経済学を勉強するのは経済学者に
誑かされないようになるためだ」(J・ロビンソン)。
そういう冷静な学習に本書が寄与するところがあれば、
と願わずにはおれない。
(「はじめに」より)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

筑紫の國造

5
「経済思想」とはあまり聞きなれない言葉だが、この言葉の理由も本書に書かれている。昨今の経済学で軽視されがちな「どうあるべきか」の必要性から本書は始まる。「入門」とはいうものの、専門用語が頻繁に使われ、分からない部分も少なくない。それでも読めてしまうのは、西部の文体によるところが多いだろう。また、西部の本を読みなれている人なら、本書の言わんとする事は分かると思う。自分にもっと経済学の知識があればと良かったと思う。きちんとわかれば、さらに有益だろう。2021/08/04

リリース

4
経済学は、その背後にある思想を理解しなくて本質を見失う。本書は古代ギリシャの記述から始まり、現代に至るまで広範な経済思想を時系列順に取り扱っている。これほど多くの人、思想を取り扱い、かつ体系立ってまとめている本は稀有なのでは。個人的には本書で思想の大きな流れを把握して、個々の経済理論に対する理解がいっそう深まることを期待している。2014/06/06

ドクターK(仮)

1
経済学、経済思想の変遷を辿って行く本書であるが。経済学が過度に技術学化し、実践知の側面が軽視されているという著者の主張には首肯せざるを得ない。ただ、入門とは言うものの、ある程度著名な経済学者の思想や経済史の知識がないと理解するのが難しいところもたたある。自分自身は古典派、並びに新古典派の理論の勉強不足を感じた。2013/10/01

しろくまZ

0
経済思想史概論。前提としている知識が膨大で、内容を全て理解するのは至難の業。さらなる勉強をするための、きっかけとすれば良いのでは?2013/08/27

有無

0
経済思想を知りたいと思った。それにはいいかもしれないが、経済学の大家について、すべて知ってないと読めない本。大学の講義ならいいが、本として読むにはつらい本。 経済学に煮詰まって、新しい視点を探したい人にはいいかも。2013/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5148300

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。