ダッシュエックス文庫DIGITAL<br> 100年後に魔術書として転生したけど現代魔術師は弱すぎる

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

ダッシュエックス文庫DIGITAL
100年後に魔術書として転生したけど現代魔術師は弱すぎる

  • ISBN:9784086312424

ファイル: /

内容説明

最強の魔術書に俺がなってやろう!! かつて多くのダンジョンを攻略し最強の魔術師として恐れられたバラムは、弟子の裏切りによりギルドによって討伐されてしまった。 それから100年後。駆け出し魔術師のミュールは、新たな魔法を使うために魔術書を探していた。 目当てのものが手に入らず落ち込んでいたところ、胡散臭(うさんくさ)い露天商の男に、奇妙で貴重な本を格安で譲ってもらうことになるのだが……。 なんと、その魔術書こそバラムが封印され転生した姿だった!! バラムは裏切った弟子へ制裁するため、人並み外れた魔力を持つミュールに目をつけ、一流魔術師に育てることを決める!! 最強の転生魔術書と美少女魔術師のコンビが創る魔法世界の新しい歴史が、今始まる!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

14
表紙が可愛くて購入。挿絵も良かった。エレメンタルフォームの大胆な姿が大変宜しい。 物語は女の子が詐欺師に騙されて買った魔術書が実は、という話。さり気なくエグい設定と軽めで爽やかな感じのストーリーな組み合わせが面白い。 続きが楽しみ。2019/01/22

真白優樹

6
最強として畏怖されるも魔導書に封印された男が、百年後に蘇り規格外の少女を相棒に、新たな歴史を紡ぎ出す物語。―――世界に刻め、本当の魔術の素晴らしさ。世界よ見よ、これが真なる魔術である。そう言わんばかりに凸凹コンビがその力で世界をかき乱し、大波を巻き起こすこの物語。少女の成長という王道の要素、そこに世界の謎という要素が絡み、単純に見えて奥深い、一筋縄ではいかぬ世界を創り出している物語であり、独特の面白さがあるのである。始まったばかりの復古、果たして次はどんな魔術が見れるのか。 次巻も須らく期待である。2018/04/26

nawade

4
★★★☆☆Web版未読。弟子の裏切りによって魔術書に封印された最強の魔術師が100年後の世界に復活!人並み外れた魔力のミュールを一流魔術師に育て上げようとするが、魔術理論が退化していることに気づく。一冊の魔術書との出会いから世界の真実に挑むことになった美少女魔術師の姿を描く。過去の英雄が衰退した未来に復活し俺Tueee!!!するラノベは多々あるが、なぜ衰退したかに注目し、それを中心に据えて描くラノベは珍しい。最初のうちは魔術書の夜迷言と取り合わなかった少女が自身でも疑問を感じ調査し始める展開も自然だった。2018/04/26

Ymlpha

3
前世で力付けた人が、同世界でモノに転生して手に入れた子を助けて世直しする系。 あるなら続刊にも期待。 作者さんがクトゥルフ系好きそうで、用語の借用なんかあるけれど、何かつながりあるのか単なる借用なのか。クトゥルフ詳しくないからわかりません。 クトゥルフ由来があんまりないから若干違和感を感じるだけで、よく考えてみればファンタジー系作品で頻出のエルフ、ドワーフ、ゴブリン... etcなんかと同じことなんだよねと。2019/01/13

尚侍

3
とっても面白かった。この場合転生というよりもそのまま時間が過ぎただけのような気がしますが、広い意味で自分以外のキャラを育成する系統の作品ではあるものの、主人公自身が魔術書ということで動きが制限されている分、周囲のキャラが動いてくれるので物語に勢いがあるのがいいですね。パーティー構成も良く今後の動きに期待ができますが、当面のゴールが見えている分そこから先をどのように演出するかが難しそうなので、勝負は三巻以降になってくると思います。果たしてどんなどんでん返しが待っているか、続きが楽しみです。2018/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12745839

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。