ベスト新書<br> 日本企業はなぜ世界で通用しなくなったのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥864
  • Kinoppy
  • Reader

ベスト新書
日本企業はなぜ世界で通用しなくなったのか

  • 著者名:林原健【著】
  • 価格 ¥864(本体¥800)
  • ベストセラーズ(2018/05発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

“日本再生”のヒントがここにある―
ガン治療薬「インターフェロン」を生んだ異能者・フェローが語る、“直観力”を活かす仕事術とは?
戦後、日本は「技術大国」として、世界中に多種多様な日本ブランドを広めてきました。
しかし近年、日本企業は元気がなく、外国企業の後塵を拝することが多くなっています。
本来の「日本の力」を取り戻すための方法はあるのか……?
かつて経営者として世界と戦い、現在も新しい商品開発を続けるフェローが日本企業の良否を検証する一冊です。
本来の「日本の力」を取り戻そう!

●「温故知新」― 先人たちに学ぶ
●「オンリーワン」の“モノ作り”に「市場調査」はいらない
●「責任」をとるのがリーダーの仕事
●地方企業がアメリカの先端企業に勝利!
●外国人との交渉術
●岡山から世界へ ~地域に根ざした企業
●次の世代に、より良い日本を残すために etc.