英単語の語源図鑑

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

英単語の語源図鑑

  • ISBN:9784761273453

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1単語につき1イラスト! ページをめくるたびに重要単語が頭に飛び込んでくる!!
本書は、「語源」を学び、超効率的に英単語を覚える本です。
「語源」とは、漢字でいう、偏(へん)・旁(つくり)・などにあたるもので、たいていの英単語は、次の3つの「語源」に分解されます。

【例】injection(注射する)
⇒in(中に;接頭辞)+ject(投げる;語根)+ion(もの;接尾辞)
これらの「語根」「接頭辞」「接尾辞」をまとめて「語源」といいます。

ject(投げる)というイメージがつかめると・・・
・projectは pro(前に)+ject(投げる)⇒映し出す
・rejectは re(後ろに)+ject(投げる)⇒拒絶する
・ejectは e(外に)+ject(投げる)⇒排出する などなど芋づる式に語彙が広がります。

このように重要単語を語源に沿って分解し、語源の知識と語彙をイラストを見ながら身につけていきます。
一見、遠回りに思われる学習法かもしれませんが、語源の力によって1万語レベルの語彙が身につくことは、すでに語源研究によって実証されています。


※電子書籍版は2018年7月27日より順次最新版にアップデートしております。それ以前にご購入された方は再ダウンロードを推奨します。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

91
娘の英単語を語源から教えるのために再読した。改めて英単語を覚えるには語源学習が効率的であると著者の考えに同意するし、レイアウトがいい。ただ接頭辞はチャプターの12+11載っていて有用だが、103コ載る語根はラテン語の要素があるため、覚えるのは現実的ではない。本書の冒頭で10000語レベルと謳っているが、実際に掲載されているのは1023語で、その内使用頻度の少ない単語もあるので、あくまで参考程度に留めるべきかな。大人がパラパラ眺めて楽しむ分には、ラテン語もイタリア語になっている単語も多いので面白いけどね。2022/04/17

Willie the Wildcat

74
私自身の知的好奇心と、子供たちの”感覚”醸成の一環として、語源本として評判の本著を手に取りました。接頭辞・語根・接尾辞を、イメージしやすいイラストで描写。加えて、掲載事例の単語も、中高生時代に慣れ親しんだ単語が多いと思われるので、子供たちにも理解し易いかと推察。敢えて難を言えば、振り返りのために情報の整頓が必要。『一覧シート』が、巻末にでもあればなお良い。仕方ないので、Excelで整頓して、子供たちに配布。次に網羅性。但し、この点を踏まえて、続編がでているのだと推察。購入すべきかどうかを思案中。2022/02/13

コットン

61
イラストで何となくイメージ出来るところが面白い。今回はパラ見程度ですが、手元に置いて折に触れ見ていきます。2019/08/13

Mr.チャーリー

59
学生時代から丸暗記などで英単語を覚えようとしてきた僕にとって、とても新鮮な内容でした。語源を知れば関連する単語が覚えられる。単語の正確な意味が見える。そうしたメリットが理解できます。シンプルなイラストも手伝って楽しくページをめくることができます。いつも近くに置いておきたい本です。2018/12/25

香菜子(かなこ・Kanako)

41
英単語の語源図鑑。清水健二先生。英語を学習している子供はもちろん、大人にとっても、英単語を暗記するのは最初はひと苦労。でも英単語の語源を理解すれば、暗記が格段にしやすくなります。英単語は語源とセットで覚えることを楽しみながら学べる一冊。2018/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12870951

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。