角栄と進次郎―人たらしの遺伝子―

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角栄と進次郎―人たらしの遺伝子―

  • 著者名:向谷匡史【著】
  • 価格 ¥1,485(本体¥1,350)
  • 徳間書店(2018/04発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 325pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日中国交回復や日本列島改造論を成し遂げた昭和の大宰相・田中角栄。未来の総理候補として常に期待される次代のホープ・小泉進次郎。片や尋常小学校卒のたたき上げで、片や総理経験者を父に持つサラブレッドと〈出発点〉は真逆だが、その手腕に「人たらしの遺伝子」が継承されている。無数の聴衆を前に、国会という伏魔殿に、そして窮地に陥った時に、角栄と進次郎に共通した行動とは? ポスト平成の激動期を前に、2人が織り成す人心掌握術に学べ!