光文社新書<br> グルメぎらい

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader

光文社新書
グルメぎらい

  • 著者名:柏井壽
  • 価格 ¥858(本体¥780)
  • 光文社(2018/04発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334043490

ファイル: /

内容説明

「美味しいものを食べることと、グルメという言葉のあいだには、おかしな距離ができてしまった。」(「はじめに」より)。「おまかせ料理」という名の「お仕着せ料理」をありがたがる“自称グルメ”、味よりもインスタ映えを気にする客と店、料理人を愛称で呼んで馴れ合うブロガー、予約の取れない店自慢……。今のグルメ事情はどこかおかしい――。25年以上食を語ってきた著者による、忖度なしのグルメ批評!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐々陽太朗(K.Tsubota)

87
いささかの乱暴をお許しいただいてひと言で言うならば「かりそめにもグルメを標榜するならば、本当に心の籠もった上質なものを食べよ。ブームに乗せられてこれ見よがしのものに惑わされるな。はしたないふるまいをするでない」といったところでしょうか。2018/06/10

HANA

65
京都の案内人が昨今のグルメブームを語る。貧乏舌のせいか食事代より書籍代を優先するせいか、本書で語られているような場所には一切無縁の身。それでもここに語られている味より外見、内容よりもイメージを優先するグルメブームに苦言を呈する内容には大いに頓首した。SNSやブログと店主のもたれ合いや、割烹の乱立や恵方巻などのブームについては何やらおかしいと思っていたところに言葉が与えられたよう。あと個人的な感想ながら、京都で本当に美味しいのは割烹等の和食よりも洋食、麺類だと思う。和食関係は行った時に色々あったもので……。2018/05/14

マッキー

13
最近の、食べ物そのもの以外の要素がありがたがられる「食バブル」を痛烈に批判していて思わず職場で笑ってしまった。心当たりがありすぎて・・・。2019/11/19

ヱロ本Gメン

13
面白かったし主張に納得。ほんと鶴太郎の邪念書画なんて笑わせる。そんで今や邪念ヨガ…最悪だ。しかしマスコミ、ブロガー(口コミ)、タレント料理人は新たな三業組合か。好みの味、新しい料理くらい自分で見つけたい。2018/07/01

マカロニ マカロン

12
個人の感想です:B。著者は京都生まれの歯科医師さんとのこと。『鴨川食堂』シリーズで京都の食堂兼食べ物探偵の話を書いていて、とても面白かった。著者も京都や東京の名店に行って食事を楽しむグルメなのだが、この本で言う「グルメ」は「食の本質からはずれてしまって(中略)<ひけらかし>のために食が使われている」ことに対しての「きらい」ということ。ミシュランガイド、インスタ映え、カリスマ料理人、モンスターシェフなどという日本料理の伝統を破壊するような人や言動に対しての警鐘を鳴らしている。2020/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12795753

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。