イースト新書<br> 横丁の引力

個数:1
紙書籍版価格 ¥929
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

イースト新書
横丁の引力

  • 著者名:三浦展【著】
  • 価格 ¥842(本体¥780)
  • イースト・プレス(2018/04発売)
  • 桜開花宣言!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~3/24)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「街歩きの達人」が読み解く「にぎわい」の正体
「日本経済復活」「地方創生」のヒントが、ここにある。

建築家 隈研吾氏との対談を掲載!

全盛期、昭和時代の横丁地図付き!

なぜ、ネット社会でも人気は衰えないのか?
吉祥寺ハモニカ横丁、新宿思い出横丁、立石仲見世商店街など、「駅前横丁」が再び活性化している。スナックブームも巻き起こっている。
一方で、再開発で危機に瀕している横丁もある。武蔵小山は大幅に縮小し、立石も近々ビルになる。
安くてうまい食べ物、見知らぬ他者との交流の場所を提供し続けてきた横丁を、いまこそ見直し、将来につなげていく必要がある。
社会デザイン研究者にして「街歩きの達人」として知られる著者が横丁の現代的意義を徹底分析。NPO法人「日本横丁フォーラム」によるインタビュー記録も掲載。

目次

■第一部 なぜ、人は横丁を目指すのか
第一章 闇市、花街、そして横丁に集う人々
第二章 都市の暗部から見えてくるリアル
第三章 アトム的、ジブリ的、パンク的、そして横丁的
第四章 「居場所」としての横丁
■第二部 横丁インタビューズ
吉祥寺 ハモニカ横丁
新宿 ゴールデン街
立石 仲見世
ニュー新橋ビル
北千住 ときわ通り
有楽町 丸三横丁
新宿 思い出横丁
渋谷 のんべい横丁
上野 アメ横
浅草 初音小路
池袋 美久仁小路
下北沢 駅前食品市場
■対談 隈研吾(建築家)×三浦展「横丁から学ぶ」