フリーソフトではじめる機械学習入門(第2版) - Python/Wekaで実践する理論とアルゴリズム

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,960
  • Kinoppy

フリーソフトではじめる機械学習入門(第2版) - Python/Wekaで実践する理論とアルゴリズム

  • 著者名:荒木雅弘
  • 価格 ¥3,960(本体¥3,600)
  • 森北出版株式会社(2018/04発売)
  • ポイント 36pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784627852129

ファイル: /

内容説明

「理論」「実践」の両面から学べる,機械学習入門書の決定版!

◆機械学習の理論をわかりやすく解説
数式をしっかり扱いつつも,平易なことばで直感的な理解ができるよう工夫されています.
また,分析したいデータの種類によってアルゴリズムを分類・整理して解説することで,現実で問題に直面した際に適用できるアルゴリズムが何なのかが理解でき,必要な部分から学んでいけるよう構成されています.

◆幅広い手法を網羅
「機械学習とは何か」という初歩の初歩から,識別・モデル推定といった基本的な考えかた,ニューラルネットワーク,サポートベクトルマシンといった応用手法,そして深層学習・強化学習といった発展的なトピックまで,様々なアルゴリズムがとりあげられています.

◆Python/Wekaでアルゴリズムを実装
アルゴリズムの解説だけでなく,Python/Wekaによる実装例も多数掲載されています.理論を学んだあとに,解析例をもとにデータの読み込みから結果の可視化まで1ステップずつ実装していくことで,表面的な理解にとどまらない,「現場で役立つ」知識が身につきます.

第2版では,Pythonによる実装例が多数追加されたほか,勾配ブースティング・リカレントニューラルネットワーク・深層強化学習などの近年話題のトピック追加をはじめとして,全面的に最新の解説にアップデートされています.

目次

第1章 はじめに
第2章 機械学習の基本的な手順
第3章 識別 ―概念学習―
第4章 識別 ―統計的手法―
第5章 識別 ―生成モデルと識別モデル―
第6章 回帰
第7章 サポートベクトルマシン
第8章 ニューラルネットワーク
第9章 深層学習
第10章 アンサンブル学習
第11章 モデル推定
第12章 パターンマイニング
第13章 系列データの識別
第14章 半教師あり学習
第15章 強化学習

付録A 演習問題解答
付録B Weka
付録C Python

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mike Yokoyama

0
連休を利用してなんとか読破。と言っても理解は20%ぐらいかな。取り敢えず、機械学習に必要なpythonのscikit-learnとwekaの使い方はわかった。wekaは色々出来て自分でプログラムしなくてもできちゃうところが怖い。scikit-learnもかなりのメソッドを持っていてとても覚えきれない。きっと作った人しか覚えていないかもしれないね。とにかく、ベースはわかったので後は再読と演習を重ねないと自由には使えない。更に統計学の知識も必要なのは手こずった。大学当時も理解できなかったが未だに理解しづらい。2018/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12743462

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。