富士見L文庫<br> 恋するアクアリウム。

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
恋するアクアリウム。

  • ISBN:9784040725123

ファイル: /

内容説明

26歳のOL・桐子がある事情で同居することになったのは、水族館や古代魚が好きな幼なじみの大学生・佐倉井真也。一緒に出かけた水族館、熱帯魚ショップ、展望台。日々を通じて知らなかった互いの一面に触れ――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yanae

110
ベランダシリーズの竹岡さんの本だ♪と文庫背表紙を見て、佐倉井くんのラブストーリーと知り、迷わず手に取りました!むしろ興奮ぎみに(笑)スピンオフなんですね♡つい最近ベランダで佐倉井くんの彼女の話が出てきてたから、これかー!と一人でまた興奮(笑)佐倉井くんと幼馴染みのお姉ちゃん桐子との恋物語。いやあ、よかった!ほっこりした♡後輩と彼にはイライラしたけど…!桐子は素敵な人だ。佐倉井くんよかったね♡お魚知識もでてきて楽しい。エンドリケリーが出てきてニヤリ。またベランダシリーズで佐倉井君に会うのが楽しみです♡2019/10/10

しいたけ

102
『おいしいベランダ』のスピンオフ。考えすぎて、なかなか先に読み進まず。どだい無理なのだ。いまだ嵐の誰が一番好きか決められないでいる私だもの。『おいベラ』ベランダ菜園の亜潟葉ニか、『恋アク』お魚くんの佐倉井真也か。ストーリーそっちのけで、どっちと付き合うべきか悩みまくる。もちろん、私が付き合うという意味なので、悪しからず。ヤケになって「どっちも!」となるのはいただけない。なぜなら『おいしいアクアリウム』になってしまうから。2018/03/27

佐島楓

63
『おいしいベランダ』のスピンオフ。でも、シリーズから離れていたせいでキャラの名前がわからず、誰? 誰?! 状態で混乱しましたが、いつの間にか引き込まれて読了。頑張って生きてる子には、ご褒美があるんだという話でいいかな? 相変わらずテンポがツボな小説でした。2019/07/12

ami*15

58
『おいしいベランダ。』スピンオフ。主人公がOLというのもあってか本編に比べると多少の大人っぽさを感じた今作ですが、一方で観る方も食べる方も(笑)魚に関するネタの充実さは本編の家庭菜園ネタ同様の面白さがありました。作中に出てきたボトルアクアリウムもとても興味深いです。好きな人が好きなものを好きになるよりも、自分がいいと思ったものを好きになる方がいい。無理に好きな人が好きなものを好もうとするのではなく、自分が好きと思えるものを好きでいようとする気持ちって大切にしていきたいものだなと思いました。2018/09/19

しゅてふぁん

57
突然始まった同居、幼馴染の年下男子、水族館。同居の理由はアレだけど、桐子よかったね~、ちょっと羨ましいわ。年甲斐もなく、年下男子可愛い♡とときめいてしまった(笑) 「おいしいベランダ」のスピンオフなのね。途中まで読んでそのままになっていたのでまた読んでみようかな。2019/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12701782

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。