意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語

  • 著者名:氏田雄介/佐藤おどり
  • 価格 ¥849(本体¥787)
  • PHP研究所(2018/03発売)
  • 深まる秋に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/18)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

9マス×6行の原稿用紙につづられた「#インスタ小説」がついに書籍化! こどもから大人まで楽しめる、世界一短い(かもしれない)短編小説90話をあなたに。あなたはこの物語の意味、わかりますか――? ◆先日研究室に送ってくれた大きなエビ、おいしかったよ。話は変わるが、例の新種生命体のサンプルはいつ届くのかね? ◆「ただいま」と言えば「お帰りなさい」と返ってくる新生活が始まった。家賃も安いし、こんな一人暮らしも悪くない。 ◆本当にこんな惑星に生命体が存在するのだろうか? 一年間に及ぶ実地調査の最終日、幸いなことに私はうんこを踏んだ。 ◆「くそ! 逃げられたか!」「いえ、あの方は何も次まなかったわ」「いや、奴はとんでもないものを次んでいきました」 ◆「やあ、私は未来から来た。今は戦前か?」「いや、戦後から七十年は経っているが」「ということは二十二世紀だな」 物語の解説&他の物語は、ぜひ本書でお楽しみください!