ワニの本<br> 野村の哲学ノート 「なんとかなるわよ」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ワニの本
野村の哲学ノート 「なんとかなるわよ」

  • 著者名:野村克也【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • ベストセラーズ(2018/03発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

言葉が人生を変える。
亡き妻サッチーの一言が私の背中を押し続けた。

「年齡を重ねるほど、自分に対して直言してくれる人がいなくなる。実は私にはひとりいる。いや、いた。それが、妻の沙知代である」
急逝したサッチーとの思い出を含め、野村の哲学を育んだエピソードの数々。

以下<序章 私はもともと弱い人間である>より抜粋

南海ホークスを解任された私は、今後の身の振り方について早く考えなければならなかった。
ただ、スキャンダルの影響が予想以上に大きく、予定されていた日本シリーズのゲスト解説の話もなくなり、
「俺はもう、プロ野球の世界で生きていくことはできないのか……」とも思い始めていた。
そんなとき、「東京に行こう!」と言い出したのが沙知代だった。
自動車にわずかな荷物を載せ、東京へ向かうこととなった。
まさに裸一貫での出発だった。
しかし、私は生まれてこのかた関西で暮らしていた人間だっただけに、東京に何かアテがあるわけではなかった。
「これからどうやって生きていけばいいんだ、俺は。お先真っ暗だ……」
マイナス思考の私は心の底からしょげまくり、自動車を運転して東名高速を走っているときも、ひとりで愚痴ばかりこぼしていた。

そんなとき、沙知代が大きな声で口にしたのが、「なんとかなるわよ」という言葉だったのである。