幻冬舎単行本<br> 神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

幻冬舎単行本
神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ

  • 著者名:桜井識子【著】
  • 価格 ¥1,209(本体¥1,120)
  • 幻冬舎(2018/02発売)
  • 早春のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~2/28)
  • ポイント 275pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

ちょっとしたコツで
お金に好かれる人生がつかめます
◎もっともお金を呼び込む財布の色は?
◎神棚や縁起物を用意してチャンスにそなえる
◎神社でお金を洗う時、心の中で唱える言葉とは

生まれ持った霊能力に加えて修行により霊格を上げ、
神様とおはなしができるようになった桜井識子さん。
神社仏閣で神様や仏様と話したことをブログと本で紹介し、
その衝撃の内容と親しみやすい語り口が多くの支持を得ています。

本書のテーマは、金運を中心とした「開運」です。
「お金イコール幸せ」というわけではないけれど、お金があれば助かるのも事実。
お金という不思議なものの仕組みはいったいどのようになっているのか、
神仏に直接取材してきました。

「お金お金お金……」と言いすぎてたまには神様を閉口させつつ、
読者のみなさま代表として桜井さんがしっかり聞いてきたコツを
あますところなく紹介しています。

ほかにも、「家にいる悪いものを追い出す方法」や「おみくじの読み解き方」、
「恐山で亡き身内と会ってきた話」など
見えない世界の不思議な話が盛りだくさん。

本書がみなさまの開運の手助けとなれば幸いです。


【内容より】
○お金の〈念の垢〉を洗い落とすと、持てるお金の量が増える
○「いい人」より「磁力のある人」がお金に好かれる
○大金持ちに教わったお財布おまじない
○資生堂を世界の大企業にしたお稲荷さんとは
○開運を妨げる「魔」を寄せつけないために
○大吉を貯めて良い運を貯金する
○他人の悪意で苦しんでいる時のお願いの仕方
○恐山は魂が癒される聖地だった
○開運を招く座敷わらしは楽しい家が大好き