デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論 - 人口減少で「経済の常識」が根本から変わった

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論 - 人口減少で「経済の常識」が根本から変わった

  • 著者名:デービッド・アトキンソン【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 東洋経済新報社(2018/02発売)
  • 早春のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~2/28)
  • ポイント 375pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

猫も杓子も生産性、でもほとんどの議論は間違いだ!

『新・観光立国論』(山本七平賞)で日本の観光政策に多大な影響を与えた筆者が、
今度は34年間の集大成として「日本経済改革の本丸=生産性」に切り込みます。

読めば納得、目からウロコ、歯に衣着せぬ「アトキンソン節」、全開!

【本書の内容】
・「良いものをより安く」が国を滅ぼす
・日本企業の数は「いまの半分」でいい
・最低賃金を上げて「経営者」を追い込むべし
・かつて「人口が半減した国」に学べ
・「女性優遇」では生産性は上がらない
・生産性を高めないのは「親を見殺しにする国」になる道 他

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日本人は「生産性」と「効率性」を混同しています。
たとえば、誰も求めていない商品を「効率よく」つくることは可能です。
しかし、売れない以上、「生産性」はゼロです。
生産性のないもののことを、無駄と呼ぶのです。
――デービッド・アトキンソン