スターツ出版文庫<br> きみに届け。はじまりの歌

個数:1
紙書籍版価格 ¥627
  • Kinoppy
  • Reader

スターツ出版文庫
きみに届け。はじまりの歌

  • 著者名:沖田円
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • スターツ出版(2018/02発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784813703778

ファイル: /

内容説明

進学校で部員6人のボランティア部に属する高2のカンナは、ある日、残り3ヶ月で廃部という告知を受ける。活動の最後に地元名物・七夕まつりのステージに立とうとバンドを結成する6人。昔からカンナの歌声の魅力を知る幼馴染みのロクは、カンナにボーカルとオリジナル曲の制作を任せる。高揚する心と、悩み葛藤する心…。自分らしく生きる意味が掴めず、親の跡を継いで医者になると決めていたカンナに、一度捨てた夢――歌への情熱がよみがえり…。沖田円渾身の書き下ろし感動作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

だまだまこ

40
安城の七夕祭りがとても身近な場所で、先輩に勧められて読んだ本。高校の頃、自分ってなんだろうっていっぱい考えたし、自分の思う自分と、周りに期待される自分のギャップに苦しんだ。でも、悩んで選び取った自分の道だから胸を張って歩けるんだよね。そういう自分と見つめ合う過程が、音楽の楽しさとともに描かれた青春物語。私も歌うことは好き。悲しい時も嬉しい時も、音楽は気持ちの支えになってくれると思うから。結末は読めちゃった気もするけど、つい歌いたくなるような、気持ち良い話だった。2018/03/06

『よ♪』

30
スンナリと読み易く好印象。そーですか、そういうことだったんですね。お見事!それはともかく、テーマは『夢』『自分らしさ』『あるべき論とありたい論』といったところ。ありたい論は若者の特権。なりたい姿を自分で描いたからこそ、上手く成しえなかった時の自己責任も生まれる。逆にあるべき論は大人社会の常識である。このあたりの葛藤が描かれる。この物語の中では違う扱いだが、コレは本来、音楽の世界も例外ではない。(本当に好き放題やってる人は売れてない。。( ̄▽ ̄;) 個人的には、過去のアーティスト達の名前が出てきてニンマリ♪2018/02/11

ami*15

26
この物語で描かれている「自分らしさ」とは自分の好きなことをずっと好きでいようとする気持ちではないかと感じた。カンナは昔から音楽が好きで歌手になりたいという夢を持っていますが、現実は親から医師の仕事を継ぐようにと言われている。歌手の夢は家族から反対されていても、ロクをはじめ七夕祭りに向けての音楽活動を通じてカンナの夢を応援してくれる仲間たちにじわじわと温かな気持ちになりました。一方のナナセも音楽に対してスランプを抱えていたけど、カンナとのやりとりで自分が歌う理由を思い出していくところも印象的でした。私も→2018/01/11

インド

23
高校生カンナと、ミュージシャンのナナセが紡ぐ、苦悩と再生の物語。部活存続の危機と歌手生命の危機に直面したふたりは、とあるアプリで交流を深める。そして互いの言葉から、大切なことを思い出していく。夢を追いかける自由は学生の特権。だけど、大人になったしまえば責任が伴い、自由がなくなってしまう。大切なことは、後悔しないこと。責任が伴うなら、そんなもの全部背負って走り抜いてしまえばいい。的なことを思った\(^o^)/。テット君お笑い要素なのに勉学優秀とか強すぎい!2018/11/02

かわゆきか

18
自分は知らない相手とアプリで繋がるのって、ついリスクが頭をよぎって気持ち悪いと思っちゃうつまらない大人なので、とても夢のある素敵なアプリだと思いました。序盤で何となくトリックに気付けて、温かく2人?を見守りながら読めたのが良かった。音楽はサッパリですが、スマホで調べたら自分でも知ってる曲ばかりで、気付いたら鼻歌歌いながら読んでた。すぐに確認しながら読めるなんて、改めてスマホは便利ですな。2018/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12540681

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。