ひみつ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

ひみつ

  • 著者名:福田隆浩【著】
  • 価格 ¥1,155(本体¥1,050)
  • 講談社(2018/02発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062173315

ファイル: /

内容説明

転校した先の学校で、自分が来る前に行われていた東川さんへのいじめに気づいてしまった明里は、入院している東川さんの事故が、実は自殺未遂ではなかったのかと疑います。やがて明里は東川さんへのいじめの証拠を少しずつ発見していき周囲に訴えるのですが、クラスメートはそのことで明里を敬遠し、ついには明里がいじめの対象になってしまいます。くじけそうになりつつも、明里にはいじめに負けられない理由があったのでした。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あじ

41
高学年を対象にした児童書で、クラス内のいじめを描いた作品。子供は大人の前では悪事を隠す。善悪の判断は早い時期から出来るものだと、子供時代を生きた私は知っている。世間で子供は一番弱い立場にある。その防衛だろう、強い権力を持つ者に従おうとする。一人ぼっちになる事を恐れるからだ。産まれたばかりの小鹿のように、すぐに立ち上がる強さはない。大人にだってなかなか持ち得ないもの。しかし人は動物と違い、痛みを共有出来る心を育てる事が出来る。痛みを知り人間の土台が出来ていく。大人の役割は心の療育という肥料を与える事だろう。2014/03/16

杏子

32
子どもというのは、素直で、純粋で…時々、間違ったことをしても最後は正しい行いをすることができる。希望に満ちた存在? いやいやそうじゃない。本当は、子どもは大人よりずっとシビアな世界に生きていて、些細なことであっという間に残酷な気持ちに流されて、とんでもなく悪いことをしてしまう…こともある。転校生の明里が初めての学校であったいじめの問題。明里の母が信じているように、大人が助けてやれることはあっても、完全には無理なのかもしれない。人と人がいる限りなくならないのかもしれないが、それでもやはり負けてはいけない。2013/11/10

♡CHAEYONG♡

22
この人のシリーズが面白い2021/05/24

cocona

20
いじめの話だけどあまり重くはなかったです。主人公が、一見いい子そうな腹黒のみんなに立ち向かって行ったのがすごいと思いました。一見いい子そう、一番嫌なパターンですよね。そして先生達が何にも気づかない😅 もしいじめをしている人がこれを読んだらどう感じるんでしょう。

itico

19
〈児童書〉今ほど陰湿ではないけれど、私が子供の頃にも「いじめ」は存在した。いじめはいけない事だと誰もが分かっているのに何故無くならないのだろう。自分が標的にならないために別の誰かをいじめる。何かのはけ口にいじめる。それは本当に楽しいことなの?多くの子供たちに読んで貰い、考える糸口になればいいなと思う。2012/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4256217

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。