山と溪谷社<br> ヤマケイ新書 登山者のための法律入門

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

山と溪谷社
ヤマケイ新書 登山者のための法律入門

  • 著者名:溝手康史
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 山と溪谷社(2018/01発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「登山の世界に法律を持ち込むべからず」
――かつての山の常識が崩れつつある。
本来、社会の枠から離れ、自己責任により自由に行なわれるはずの登山の世界に、「管理」や「規制」が増えている。
山岳事故の訴訟も増えた。

そんな山の法的トラブルを回避するために、“知らない” では済まされないイマドキの山の世界のルールを紹介。
また、加害者・被害者にならないための方法をこの1冊にまとめました。

どこでもテント泊できる?
山で焚き火をしてもよいのか?
高校生の冬山は禁止できるか?
ツアー登山の事故と責任は?
などなど、気になる疑問にも答えます。

[序章]
山岳事故が起きれば法律が適用される
登山が法律で規制される場面が増えている
 
[Ⅰ章]登山の規制
①登山の自由とその制限
②登山の規制のあり方
③山のルールやマナーと法律
④昨今の規制問題
 
[Ⅱ章]山岳事故の責任 
①山岳事故の紛争が増えている 
②どういう場合に責任が生じるのか
③被害者にならないために
④加害者にならないために

[Ⅲ章]登山のリスクとどのように付き合うか