最強の帝国 覇者たちの世界史

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

最強の帝国 覇者たちの世界史

  • ISBN:9784863134010

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

古代から近代まで、歴史上に現れた世界の強大な帝国を詳細に解説したビジュアル歴史読本。
各帝国の成立、領土、軍事力、政治、文化、技術、インフラ、繁栄と衰退といったストーリーを豊富なビジュアルと歴史地図で紹介します。とりわけ、30点を超える詳細なカラー歴史地図は、歴史ファンにとっては貴重な資料となるでしょう。
欧州はもちろん、アジアや南北アメリカの国々にも多くのページを割き、西アフリカの古代国家や北米先住部族国家などにも言及しています。
楽しみながら世界史の全体像が理解できるので、受験生の皆さんにもお薦めです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるわか

19
帝国の共通点:偉大な指揮官、軍事力、領土拡大、技術と交易を絡めた征服、多くの人民、行政と官吏、道路網、度量衡と時間の標準化。多様な人々を受け入れ長期安定を維持できた帝国(ローマ帝国など)、征服者と被征服者を峻別し厳しい身分の上下関係を作った帝国(近代の帝国)。繁栄と崩壊、戦争と膨大な死、異文化の交流、豊かな変化。2018/08/28

to boy

17
古代から近代までの主要な帝国の興亡を大きな地図を載せながらわかりやすく書かれていて良かった。紀元前のはるか昔から中近東からイラン、トルコ近辺はいろんな民族がせめぎ合い入れ替わりに興亡を繰り返してきて、現代とちっとも変わらないじゃないかと思いました。どの帝国も征服する時は従来の住人を虐げてきたはずなのにモンゴル帝国の記述だけ「冷酷無比」とか「殺戮」という記述が目立つ。西洋人を支配した唯一のアジアの帝国だからなのかと疑問に感じた。2021/10/25

ぴよぴよ

1
歴史上の帝国のサマリが紹介されています。写真や図表が豊富に使用されている点は良いですね。ですが、やはり内容的には概要になりますので、各論は個別に他著にあたったりする必要がありますね。2018/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12480510

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。