文春文庫<br> 目玉焼きの丸かじり

個数:1
紙書籍版価格 ¥702
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
目玉焼きの丸かじり

  • 著者名:東海林さだお
  • 価格 ¥700(本体¥649)
  • 文藝春秋(2018/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

大人気「丸かじり」シリーズ!

ポンと割ってジュッ。
目玉焼きは誰かが作ったのがいきなり目の前に出てくるより、
自分で作って食べるほうがはるかにおいしい――。

パセリの哀れな境遇を嘆き、枝豆の正式な食べ方についてマジメに考えを巡らせ、
カルピスが薄かった幼き日に思いを馳せ、こしアン派かつぶアン派かで人物像をプロファイル。
食へのあくなき好奇心と観察眼は健在!

【目次】
きゅうりは誠実か
「序で」の力
アボカドの“身持ち”
やきそば牛丼の恩愛
クサヤ好きの立場
「しょース」出現
枝豆の正式マナーは?
いちじくの警告
「干天の慈ビール」
「おかかは6位でいいのか」
阿佐谷名物「文士カレー」
トンカツ威風堂々
冷やし中華をゴクゴク
パセリ、その境遇
「うな牛」に至る病
ソーメン、いつ噛むか
おにぎりは左手で
カルピス=薄いの思い出
駅弁総選挙
麻婆豆腐の魔力
弁当の“跡地”
鰯の丸干しについて語りたい
満月ばかりが月じゃない
行って楽しむ行楽弁当
サンマに大根おろしがない不幸
きのこよきのこ
シーハの悲劇
目玉焼き、匂う
アンコかわいや
「偽装王国ニッポン」
ホカホカ大好き
ステーキはミディアム・レアで
シメはどうする?
何? スキヤキカレー?
いまどき昆布の佃煮?
酢蛸の律儀