富士見L文庫<br> カフェ・グリムへようこそ シンデレラとカボチャのタルト

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
カフェ・グリムへようこそ シンデレラとカボチャのタルト

  • ISBN:9784040725109

ファイル: /

内容説明

童話をモチーフにした料理やスイーツで、ひそかな人気を集める「カフェ・グリム」。就職活動でやらかした帰り道、育美はふとそのお店へ迷い込む。店内ではグリム兄弟に扮する二人の青年が言い争いをしていて……!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

52
グリム童話というモチーフがうまく使用されていて、ちょっと凝っていて面白かった。ヤンの謎が全部明かされていないところを見ると、続編の予定がありそうですね。2018/02/01

あゆみ

24
★★★☆☆ 童話にちなんだ料理を出す『カフェ・グリム』という設定が興味深い。童話のオリジナル版や改変されて一般的に知られている話などの童話うんちくは読んでいて楽しい。他の童話になぞらえた話も読んでみたい。でも育美のキャラに魅力が感じられないのが残念。特に第三話「赤ずきんと猟師風カツサンド」での言動には違和感と不快感が残る。2018/04/03

瀧ながれ

21
グリム童話と結びついた料理が、どれも魅力的で実物見たくなった。わたし自身が、童話のどれがグリムたかアンデルセンだか、どのあたりがオリジナルか改変なのか、よくわからなかったので、これを読みながら、なるほど~と唸っていました。すてきなお店でした。三人の関係もほどよい緊張感でにやにやしてしまう。…夜道を女の子ひとり帰すのが心配なら、尾行して見守らないでちゃんと同行してください。そういうときに携帯電話でしゃべりながら行くのも、辺りの気配がわからなくなるから良くないときいたことあります。2018/01/23

20
主人公・小野育美が就活で上手くいかないところから始まりますが、就活の帰りに「カフェ・グリム」を見つけたところから育美の環境や育美自身も変わっていきます。 「来てくれるお客が望んでいるものを出す」店の温かな話、ぜひ読んでみてください2020/08/29

ううち

13
グリム兄弟に妹などがいたのは知らなかった。 童話の原作やアレンジされた物語の解説も楽しくて、童話にちなんだお料理やスイーツが美味しそうでした。続くのかな…?2018/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12522812

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。